ペンキ塗りの作業を終えて、次の場所へと旅立つエクスチェンジのフラットメイトくんへのささやかな慰労パーティ。
仕事のあとに、店の近くのピザ屋さん「Fat Budgers」に寄って、巨大ピザを購入。ここの20インチピザは有名です。
直径50cmもあるピザなんですが、写真だとなかなか伝わりません。

私は、いろいろ具材が乗っているピザよりも、こういうシンプルなペパロニピザが好き。
ちなみに、仕事の帰りに小腹が空いたら23時までやっているDomino Pizza によく行くのですが、ここでもいつも購入するのはペパロにピザです。
ちなみに、Dominoだと、ピザ一枚$6ですよ。
なんか、毎回、安すぎて申し訳なくなってしまいます。
夜遅いので、だいたいスタッフは一人しかいなくて、でも、デリバリーの配達がいつも結構入っているので、大忙し。一人でひたすらピザを焼いて、デリバリースタッフが出来上がったピザをひたすら配達って感じ。この値段でこんなに大変なんて、見ていて申し訳なくなるんですよ。

こちらは、いつもいただくDominoのペパロニピザ。
膝の上に乗せてピザを食べながら夜の映画鑑賞です。
私は、Dominoだと、いつも生地はThin and Crispyです。
ぺろっと一枚食べちゃいますよね。

さて、話はそれましたが、最後の夜に一緒にピザを食べ、彼がしてくれた仕事に感謝の乾杯!

翌日、昼頃に出発すると言っていたのに、「最後にこれだけやっていきたい」と、また作業を始める彼。
ほんと、完璧主義者ですね。
というわけで、最後、出発前に、最後のランチも一緒に食べました。
この日のランチは、ダンナの珠玉の一品「ステーキ丼」
これ、店で出したら一人前$30くらいしちゃうんですが、オークランドではランチタイムだけ期間限定でやっていたことがあって、もうリピーター続出の人気メニューでした。
肉を焼くことに関してはプロですから、焼き加減最高のステーキをスクランブルエッグの上にのせて、白飯と一緒に食べたら、口の中でトロける最高のハーモニーです。
和牛でもないのに、こんなにお肉が柔らかいなんて、やっぱり「肉」を美味しく食べる秘訣は、焼く人の腕なんだな。と改めて実感したのでした。

あーーーーー。美味しかった!

というわけで、3週間の滞在を終え、彼は旅立って行きました。
そもそも計画的な彼は、普通のワーホリの人であれば帰国前にする「ラウンド(NZ一周旅行)」を、渡航後すぐに済ませ、すでにNZ全土を回っているのです。その上で、限られた1年間というワーホリ期間をどこで過ごすか最初に下見をして決めたわけですね。
その第一候補地がクィーンズタウンだった。ってわけです。
これから、ワナカにしばらく滞在して、トレッキング三昧の日々になるようです。
Good Luck!



にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA