毎年遊びに来るダンナの友達が、いつもより一ヶ月ほど遅れてニュージーランドにやってきました。
でも、今年は暖冬なので、一ヶ月遅れて来て本当にラッキー。

さて、彼がニュージーランドに来ることを見越して、ダンナはオンラインで買い物をしては、彼の家に色々と送りつけていました。年に一度の定期便です。

そんな中の一品がこちら。

猫ちゃん様プラレールみたいな?

いろんな形にできるのですが、とりあえず、長くしてみることに。

早速、茶々が興味を示し始めました。

でも、すぐに、大好きなCatch me if you can の方へ。

茶々は、Catch me if you can が動いていなくても、まるで仲良しの友達の様に、傍に座っています。
そして、お次はジジ。

Catch me if you canの上に座って、ジジを見守る茶々。

中に入っているボールを転がしてあげると興味を示して追いかけるのですが、自分で手を突っ込んでボールを動かすというところにまでは至りません。
これで遊んでもらうためには、人が付きっ切りでボールを転がしてあげなくてはいけないようです。
やっぱり、「動くものを追いかける」のが楽しいので、「自分で転がして遊ぶ」というところまではまだ至らないのでしょうか。

でも、成長するに従って、好きなものや遊びの好みが変わっていっているので、長い目で見守ってみようと思います!

っていうか、これじゃなくて、本物のプラレールの方が、動くから真剣に追いかけるかも。。。とも思ったのでした!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA