寿司シェフを、日本に募集をかけようと思って、以前お世話になったサイトへ行ってみたら、まさかの突然の有料化!
今までは、卒業した学生さんへの無料掲示板的な意味合いが強かったのですが、おそらく、どこでも人不足で「これは金になる」と思ったのか、求人が有料化され、しかも、「問い合わせ一件につき5000円」みたいな。
問い合わせなんて、いくらでも来るし、問い合わせだけで終わっちゃう人もたくさんいるし、それでも、問い合わせ一件5000円って、超微妙。
もう一社あるのですが、そこは、仕事を探している人と、シェフを探している人を結び付けてくれる「紹介サービス」の会社なのですが、成功報酬型で、もし契約が決まったら、年俸の10%を報酬として支払うんです。寿司シェフの年俸が500万だとしたら、50万払うってことです。
成功報酬50万は高いと思ったけど、問い合わせ一件につき5000円も決して安くないぞ?
でも、それだけ「人手不足」が深刻だということです。

ちなみに、中国のシェフ紹介エージェントから、いつもシェフを紹介してもらっている中華料理レストランのオーナーに聞いた話では、中国では、職場を紹介してもらうシェフの方がエージェントに「礼金」みたいな感じのを支払うから、レストラン側は一銭も払わなくていいんですって。羨ましい話だ。

ところで、多くの方が話題にしていますが、NZダイスキの求人も有料になりましたね。
同じく求人サイトのTrade Me とかSeek でも、求人を出すのは有料ですから、時代の流れ的には仕方がないのかな。という思いはあるんですが、値段を見てびっくり!
週$50+GSTって、クレジットカード支払手数料も入れたら、$59ですよ。

私、最初「$50」っていう値段を聞いた時、「月$50」かと思ったんです。
今まで無料だったものが、月$50というのは高いような気もしましたが、必要経費で、このくらいは仕方ないか。と思ったんです。
ところが、いざ、求人を出してみようと申し込み画面に進むと、「週$50」なことが発覚!はっきり言って、これは躊躇する金額ですよ。
全国区のローカルサイトと、ほぼ同料金。

求人を出させていただく側の意見としては、今まで無料だったことを鑑みても、「週$20」で、月単位で申し込むと、割引で月$50くらいが相場なんではないかと。。。まあ、でも、NZダイスキもボランティア団体ではなく、営利企業ですから、今まで無料であったことに感謝すべきなんでしょうね。

仕事を探している人にとっては、なんにも変わらないんですが、スタッフを探している会社側にとっては、かなり大きな出費です。今までと何も変わらないサービスに、急にお金がかかるようになったわけですからね。例えれば、先月まで水道代だが無料だったのに、急に有料になるようなものです。サービスを受けたければ、支払わざるを得ませんよね。

さて、NZダイスキが有料になってから、クィーンズタウンの求人は、ささーーーっと引いてしまいましたね。だって、求人出さなくても、小さい町ですから、履歴書持ってくる子たちがいますからね。
それでも、オークランドは相変わらずみんな求人出してて、やっぱり都会は違うなー。と。思ったのでした。

そんな中、最近、無料の仕事探し掲示板の開設が相次いでいます!

フェイスブックページ「ニュージーランドで仕事探し」
こちらは、すでに多くの経営者の方が利用していますが、肝心な「仕事を探している層」には、まだそれほど浸透していない感じです。https://www.facebook.com/groups/418090528855578/

こちらは、私の友人が新しく始めたサイトで、まだまだ情報少ないですが、これから大きくなっていくことを期待しています!



にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA