さて、ここのブログでも紹介しましたが、DysonV11、音は静かだし、吸引力は最高だし、ゴミ捨て楽になったし、液晶で充電の残り時間も分かるし、とにかくいいことだらけ。もう他の掃除機を使う気がしない。

というわけで、とても満足していたんですが、いきなりお亡くなりになってしまいました。。。

フラットメイトくんが「使っていたら、なんか止まった」っていうんです。
私も試しましたが、充電しても、液晶画面もつきません。

でも、最初の一年は、無料修理保証がついているので、早速Dyson のサポートセンターに連絡をすると、着払いで荷物が送れるようにステッカーをメールで送ってくれて、それを貼り付けて、Dyson を修理工場へ送ったのでした。

なんでも遅いNZのことですから、もう年内の修理は無理だろう。と諦めていたのですが、10日ほどで、玄関にDyson から荷物が届いていたのです。
優秀だなぁ。

そして、箱を開けてみると、そこには新品のDyson が!

添付のレターを見ると、ウォーターダメージで、修理不可能だったらしい。
多分、フラットメイトくんが、お風呂場でも掃除機をかけたんではないかと。
普通の掃除機なら、水を吸ってしまっても、それはゴミ袋に入るだけですが、Dyson の場合、モーターがあるところにゴミがたまるので、吸った水でモーターがやられてしまったのでしょう。

早速フラットメイトくんに、故障の原因がウォーターダメージだったことを伝え、「お風呂場掃除機かけた?」と聞くと、かけてないっていうんです。
でも、故障の原因がウォーターダメージである以上、どこかで水が入ったのです。

というわけで「水にだけは気を付けてね」という話をしたのですが、
そこで、突然、フラットメイトくんが「あ!!!」って。

なにが「あ!!!!」だったかって言うと。。。
掃除機をかける前に、フィルター掃除をしようと思って水洗いして、そのまま軽く水だけ切って、装着して使ったんですって。

そうか!原因は間違いなくそれだ!!!

フィルターに残っていた水で、モーターがやられてしまったのですね。
気の利く彼は、フィルターを掃除してくれて、それはとてもありがたかったのですが、まさか、それが原因で、修理不能なまでに故障してしまうとは。

恐ろしや~。。。

というわけで、無事に新品になって戻ってきたDyson V11!
しかも、保証期間内で、無料!

これからは、フィルター掃除、私も気をつけたいと思います。
Dyson を持っている皆さんも、どうぞお気を付けください。



にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA