地震とコロナ


あー、とうとうこの時が来てしまいましたねー。

という感じです。

2月に中国人ツアーが来なくなって、そのあと中国人すべてが来なくなって、そこまではまだ良かったんですが、NZで初めてのコロナ感染者が出たあたりから雲行きが怪しくなりはじめ、アメリカが、ヨーロッパからの外国人入国制限を始めたあたりからは、もう目に見えてヤバくなってきました。

そして、とうとう、先週、警報Level 2が発表されて、今週からは、レストランを営業するのに、テーブルとテーブルの間は1メートル以上あけるレイアウトに変更、入口ではサニタイザーの準備、そして、来店者すべての連絡先を把握するためのフォームを用意。
決められたことをすべて守って、安全に営業をする準備を整えていました。

なのに。。。。それらを全く使う前に、突然のLevel 3へのアップ。
すべてのレストランは営業停止。スーパーマーケット、薬局、銀行などの、生活に必要な店舗以外は、すべて営業できなくなりました。
しかも、48時間後に、Level 4へ引き上げることまで発表されたのです。
このLevel 3の措置は、外出禁止(生活に必要な活動のみOK)となるLevel 4への準備のための48時間です。

実は、私たちは、今後Level 3へ引き上げられ、レストランが営業できなくなることを考え、テイクアウトとデリバリーを始める計画を立てていました。スタッフの雇用を守るためには、少しでも売り上げをあげることを考えなければいけません。
ところが、です。突然のLevel 4への移行で、テイクアウトとデリバリーもできなくなってしまったのです。すべての計画は水の泡。
つまり、もう完全に自宅待機する道しか残されていないのです。
一応4週間の予定らしいですが。。。

クライストチャーチ地震の時は、地震で突然立ち入り禁止になって、お店に二度と戻ることができなくなってしまったわけだけど、今回は、そういうわけではないので、完全自宅待機になる前に、今日と明日で、冷蔵庫の整理。
冷凍できるもの、捨てなくてはいけないもの、余った食材をスタッフに分配。
ウチは、スーパーマーケットに駆け込まなくても、食料はしばらく困らなそう。
開封済みのワイン、冷蔵庫のデザート類は、もったいないので消費消費。

そう。9年前の地震の時は、避難したら最後、そのままお店には戻れなかったんですよ。それが今回との大きな違い。今回は、閉める準備ができる。
でも、もう1つの大きな違いは何かって言うと、地震は保険が下りたけど、今回は保険がおりないってこと。保険って、疫病は対象外なんですよねー。
でも、それによる減益は保険対象外だとしても、政府からの指示でお店を閉めるわけだから、減益どころか、「収入ゼロ」ですよ。保険おりないのかなぁ。たとえ政府からの指示だとしても、その原因が疫病だったら、やっぱりダメなんですよねぇ。はぁ。。。溜息。。。

あとは、今日、同じビルの他のテナントの人たちと話をしたのですが、家賃の割引を交渉することになりました。
だって、ビルのオーナーさんは、ここを持っているというだけで、黙っていても毎月大金が入るわけだから、この窮地において、家賃を半額くらいにしてもらえないか。ってことです。私たちは収入ゼロになっても、大家さんにはいつも通りの収入が入るなんて、そりゃ不公平だ。ま、でも、不公平なのは世の中の常。どうなることやら。。。というわけで、ここはみんなで一丸になって交渉してみよう。ということになったわけです。何か少しでもできることを。だって、これで全店舗潰れちゃったら、結局大家さんは長い目で損をするわけですから、考慮してくれるといいな。

そうそう、首相の発表が13時半にあって、私たちが店に出勤する14時半には、すでにスーパーマーケットが混み合ってきていました。それで、「仕事の帰りでいいか」ってことで、スーパーには寄らなかったんです。
ところが、そのあと、フェイスブックでは、信じられないくらいの長蛇の列になっている写真が次々とアップされて、「あれー。やばそう。仕事のあとだと商品なくなってるかも。。。」
首相も、「ニュージーランドは食料を豊富に持っているので、なくなることは決してありません。棚がカラになっても、すぐに補充されるから安心してください。決して爆買いはしないでください」と言っていたのになぁ。。。
と思いながらも、仕事のあと、スーパーマーケットに寄ってみました。特に緊急に買わなければいけないものはなかったんだけど、どれだけ棚が空っぽになっているか見てみたかったのです。
そしたらどうでしょう。全然問題なし。すべてがいつも通り。トイレットペーパーも山積み。ちなみに、21時頃のことなんですが(スーパーの閉店は22時)
夕方スーパーに殺到して、長蛇の列に並んだ人たちはなんだったんでしょう。すいているスーパーで、いつも通り普通に買い物できましたよ。
首相の言う通り、ものが無くなることはないってことです。

さて、実は、明日は待ちに待った虎丸の去勢手術の日なんですよ。こんな状況で、動物病院はやっているのか???と思っていたら「動物病院は、必要な施設と認められて通常通り営業します」とメールが届きました。
自宅待機が課せられる警報Level 4 になる前の、最後の外出が、虎丸の去勢かぁ。

クライストチャーチ地震の時は、特に「いつまで自宅待機」という期限はなかったので、自由に外出できましたが、ただ「立ち入り禁止区域」には入ることができず、私の家も、店も、両方立ち入り禁止区域だったため、数日友人宅にお世話になり、その後は、昔住んでいた家の空き部屋に住まわせてもらっていました。
最初の一週間は、地震の様子を伝えるテレビを見ながら、1日何度も余震に襲われ、レストランや商店など、被害が少なかったところを利用しながら暮らしていましたが、2週目に入ったあたりから、今日が何曜日で、あれから何日経っているのかも分からなくなってきて、ヒトとして「このままではマズイ」と思い始めたのです。
それから、日記をつけ始めました。と言っても、昼何を食べて、どこへ出かけて、夜何を食べた。といった簡単な記録なのですが、そんなことでもしておかないと、何もすることがなく、今が何時なのかも気にならないような暮らしに、頭がおかしくなりそうだったのです。ただのホリデーだったらそれもいいですが、それが、終わりが見えない「日常」ということに、焦りと不安を感じたのです。

今回の自宅待機は、今のところ4週間ですが、もっと長くなるかもしれません。4週間って、長いですよ。ホリデーだったらあっという間ですが、「4週間なにもしなくていいよ」と言われたら、これは結構苦痛なのですよ。
とりあえずは、庭仕事に精を出すか。って感じですが、「やりたいと思ってできていなかったこと」を、これを機会にやってみようかなぁって感じです。

突然与えられた4週間の自宅待機。家でくさっていても仕方ない。
正直、大変なことしかないけれど、この4週間をいかに楽しむかを考えよう。

NZ在住のみなさん。自宅待機4週間が、有意義なものになりますように!

首相の言葉を胸に。
Be Strong! Be Kind! です。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

4+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA