いつも猫のことばかり考えているうちのダンナ。
先日、マツコの知らない世界で、流木で家具などを作る人が紹介されていたのですが、それの影響か「流木でキャットタワーを作りたい」と言い始めました。
そんな壮大な話、「将来」みたいな話かと思っていたら、ダンナの中ではそんな壮大な話ではなかったらしく、おもむろに作り始めました。

私には、まったくイメージが湧かないのですが、この長い一本をメインにして、あと2本組み合わせて、足を3本にしたら「立つ」んだとか。

で、選ばれたのが、この3本。この3本を組み合わせて、キャットタワーを作ることに。

固定するためにネジを打っていくのですが、なにしろDIYショップがロックダウン中は開いていないので、今、家にあるものだけで作らなくてはいけません。

で、3本を組み合わせて、うまく立つようにバランスを考え、足の長さを調整します。そして、うまく立ったところで、今度は、座る台を設置していきます。

のせるだけでは不安定なので、外側からはネジが見えないように留めていきます。そして完成。

なんと、作り始めてから完成まで、たったの1時間半!私が思っていたよりも壮大な計画ではなかったってことで。。。
早速家の中へ。。。

去年作った右側のポールのキャットタワーの方が、かなり時間がかかりました。
飾り棚の上と、ポールのキャットタワーをつないでいるのですが、さらに流木キャットタワーも手前に置いて、このエリアが、完全に猫ちゃん居住エリアとなりました。

好奇心旺盛の虎丸は、早速遊び始めましたが、ジジは床で見てるだけ。

ジジは、乗せてみたものの、このまま一歩も動きませんでした。。。
だいたい、新しいおもちゃは、虎丸が全部使ってくれるんですよ。
今までも、たくさんのおもちゃをジジ茶々に買い与えてきたけれど、気にいるものと、まったく興味を示さないものとあって、無駄に家におもちゃが増えていったんです。でも、そのおもちゃの全てを使って虎丸が遊んでくれるので、「お下がり」っていうんですか?有効活用してくれています。なんにでも興味を持ってくれる虎丸に感謝。飼い主冥利に尽きます。

虎丸が、期待通り、この枝から上にあがろうとしてくれたのですが、木がすべっちゃって、これ以上上に行けなかったんですよ。そこで、このあと、猫ちゃんの爪がひっかかりやすいように、滑るところにはロープを巻きました。

で、次の日、このキャットタワーを、クィーンズタウンの猫ちゃんサイトに載せたところ、大好評!二日後には、同じように流木で作ったキャットタワーの写真がアップされていました!
でも、みんな家が広いので、もっとダイナミックでしたよ!

さて、昨日の映画の時間は「見えない目撃者」を見ました。この映画は知らなかったんだけど、吉岡里帆がアカデミー賞で、新人俳優賞を受賞して、そこで映画の紹介を見て興味を持ちました。
目が見えないにも関わらず、見えないからこその聴覚や嗅覚などを研ぎ澄まし、他の人が気がつかないような事件のヒントを見つけていく話。目が見えなくても、あんなに動けるものなのかな。すごいなぁ。刑事ですら倒せなかった連続殺人犯を追い詰めますからね。元刑事とはいえ、すごい能力の高さ。目が見えなくなって刑事をやめたけど、その辺の刑事よりもよっぽど役に立ってるので、復職してはどうかと本気で思った。っていうか「一人で行くなよ!」と何度テレビに向かって叫んだことか。捜査は二人一組が基本ですよ!
そもそも、吉岡里帆って、アンチがすごく多いことで有名ですよね。なんでかな?私、別に全然嫌いじゃないけど。むしろ、この映画での吉岡里帆は、かなり好演してましたよ。目を開けたままで、目が見えない演技するのって難しいだろうな。
これ、あとで調べたら韓国映画のリメイクなんですで。猟奇っぽいとこが、確かに韓国映画を感じました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA