今日の天気予報は雪マークだったのに、「一日中曇り」に変わってしまいました。でも、朝起きたら、めっちゃ晴れてるんですけど!思いの外寒くないし、良かった〜!

今日は、我が家のフラットメイトくんが車を購入する日。彼はワーホリでビザが9月25日までしかないんですが、今月からうちの店で働いてくれています。「3ヶ月しか働けないけどいいですか?」と最初に聞かれて、でも、今のこの一番忙しい時期だけでも働いてもらえたら、本当に助かります。ということで、オークランドからやって来たのです。オークランドでは大きな企業のレストランで働いていたのですが、コロナ渦で解雇になってしまい、日本に帰ることも考えだけど、偶然うちの求人を見つけて応募してきたわけです。でも、最後に南島に来れて良かった〜!と喜んでいました。寒いけど、大自然を満喫しています。それだったらなおさら、車があったほうが満喫できますからね!
3ヶ月だけなので、家を探すのも面倒だし、我が家にステイしているのですが、3ヶ月だけなら車ナシの生活もアリだけど、来週いっぱいで日本に帰国するうちの店のスタッフが車を売りたいってことで、そんなご縁から車を買うことになりました。知ってる者同士なので、気軽ですしね。もともと、割といい車を帰国間際のワーホリから格安で買ったという経緯があって、今回も格安で売ってもらったんです。3ヶ月しか乗らないとはいえ、いい車なら次に売りやすいし、安く買ってるから、売る時にも高めの値段で出しておいて、値切られても損はないですしね!通勤だけなら別にどんな車でもいいけど、せっかくのクィーンズタウン滞在ですから、近郊ドライブにも、ちょっと良い車の方が安心です。

でも、この3ヶ月しか働けない新しいスタッフは、本当は就労ビザを取得して長期滞在を希望しているんです。オークランドの会社で就労ビザをサポートしてもらうはずだったのに解雇になってしまって、その話も流れてしまいました。なので、3ヶ月だけということでウチの店に移ってきましたが、本当は就労ビザが欲しいんです。

今のこのご時世、就労ビザのサポートってかなり困難ですよね。特にクィーンズタウンなんて、失業者が大量にいて、スキーシーズンが終わって、給与補助が終了した9月以降は相当ヤバいと言われていますからね。就労ビザの申請自体は別に禁止されているわけではありませんので、トライすることは可能ですが、申請しても「ニュージーランド人を雇用してください」で終わってしまう可能性は大です。それでも、無駄な悪あがきかもしれませんが、就労ビザの申請をしてみようと思っています。

そんな中、昨日政府から就労ビザの新しいルールが発表されましたね。
ビザの情報は専門のサイトや移民局のサイトで詳細が見れると思いますので、細かい部分ははしょって、簡単に説明すると、今まで一年発行されていたビザが、今後18ヶ月間は6ヶ月しか出なくなるっていう話。反対に、今就労ビザを持っている人で年内に失効してしまう人は、自動的に半年延長されるという朗報も。
ウチの店には、現在のところ年内で切れるビザで働いている人はいないので、別に関係ないのですが、でも、年内で切れるビザを持っているスタッフをたくさん抱えていた会社にとっては、本当にありがたい話だと思います。先日うちの店に食べに来てくれた日本人のお客さんが、7月で切れる就労ビザを持っていて、現在延長の申請中だけど却下されたらどうしよう。と言っていました。彼女以外に3人のスタッフがいるんだけれど、その3人のビザが8月、9月、10月にそれぞれ切れてしまい、延長のビザが認められなかったら、スタッフが一人もいなくなる!と言っていたんです。とりあえず、こういう会社にとっては、本当に天からの救いに違いありません。

もう1つの新しいルールとしては、今までは職業がスキル別に、低中高のカテゴリーに分けられていたのですが、その職種によるカテゴライズがなくなって、完全に「給与」でカテゴライズされることになったのです。
その線引きは、「時給が$25.5以上かどうか」ってことです。う〜ん。ヘッドシェフとかならまだしも、一般のシェフやウェイトレスに支払うにはかなり高額ですよね。今までは簡単にビザがおりたので、人手不足になるよりは就労ビザをサポートする方が得策でしたが、今後はこの時給を支払ってでもウチの店で働いて欲しい!っていう人にしか就労ビザのサポートができなくなります。かなりハードル高いですよね。

友人の店では、ロックダウン前に就労ビザを申請していたのですが、ロックダウン明けに移民局からお知らせが来て「ニュージーランド人を雇用してください」ってやっぱり言われたそうです。そりゃそうだ。でも、時給$25.5で申請しなおしたら、ビザが降りたそうなんです。もちろん、時給だけじゃなくて、いろいろと申請をサポートするレターや書類を付けての結果ですが、やはりこの時給は一つのポイントになるのではないかと思います。でも、今のこのご時世、新規の就労ビザが降りるというのは「まさか!」の朗報です。少し希望が見えてきた気がしました。

というわけで、今は忙しくていいけれど、スキーシーズンが終わった9月から暇になることは予測できているし、その頃にビザが切れてしまう人の就労ビザも申請しなければいけないし、両方とも自分の努力だけではどうにもならない事案なので、運を天に任せるしかありませんよね。7月のスクールホリデーに開くと言われていたタスマンバブルが9月のスクールホリデーには開くのでは?とも言われていますが、そうでもならないと、9月以降のクィーンズタウンはゴーストタウンになるかも。。。

現在日本で、うちの店の就労ビザを取得して入国できるようになっているのを待っている人がいるのですが、「いついつまでに入国してくださいね」という期限を過ぎてしまいました。これは延長されるのか?
そして、他社のビザを持っているけどウチの店のビザに切り替える予定で前の会社を退社したものの、ロックダウンになりそうだったので日本へ一時帰国した人もいるのですが、この状況でビザの切り替えはできるのか?
ビザの問題は、本人も私たちも待つしかないの出、本当にもう、先が見えなすぎて不安です。

最後は、いつもイタズラしかしない虎丸の動画をお送りします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA