ロックダウン前から工事は始まっていたんですが、Fergburger のお隣に建築中だった「Ferg’s Bar」が、とうとう先週の金曜日にオープンしたらしいと聞き、早速昨日行ってきました!

営業時間は朝7時〜夜中の2時。
さすがにFergburgar のように朝5時まではやらないようですが、仕事の後に寄るのであれば夜中の2時までで十分。

一応バーなんで、エントランスにはガードマンが立ってます。
でも、私たちが行った時は誰もいませんでした。ま、日曜日の夜中の0時だったらそんなもの?

店内はシックにまとめられていて、バーカウンターもいい感じ。
メニューは「Breakfast」「 All Day after 11:30am」「 from 11pm」の3つに分かれていて、私たちは「from 11pm」から注文しました。

注文したのはこちら

スモークしたツナのパテ

ツナのパテは正直のところ普通でした。スモークが好きなので美味しかったですが、添えてあるパンが厚切りすぎて食べにくかったのと、焼いてあったのを添えて出すだけだったので、出す前に軽く焼き直して出してもらったら尚可でした。

プロシュートとチーズのコロッケ

これが、クリームコロッケみたいで美味しかったです。ちょうど最近「クリームコロッケ食べたいなー」と思っていたので、ドンピシャ。下に敷いてあるソースはルバーブのチャツネ。私がルバーブが好きなのでそれもGood でした。

鴨と生姜の餃子

こちらが衝撃だったんですけど、餃子をおしゃれなタパスレベルに昇華していて合格点。実は、うちの店でも餃子餃子とお客様からかなり言われるので、普通の餃子ではないタパススタイルの餃子を出すことをだいぶ前から考えていたのです。しかも「鴨肉の餃子」。マジやられた〜!って感じでした。さらにこの餃子のすごいところは、ちゃんと焼いてあるところ。わたしは「餃子」と言っても、茹で餃子か、蒸し餃子か、揚げ餃子で出てくると思っていたんですよ。だって簡単ですから。そしたらちゃんと焼いてある出はありませんか!しかもちゃんとカリカリに。参りました。

唐揚げ

この唐揚げが、ふわっとした食感の衣で、これまた美味しかったんですよ。私はどっちかっていうと「ガリ」っとした食感の衣が好きなんですが、まるで衣に卵が入っているような、鶏天のようなふわっと感なのに、しっかり唐揚げ。普通に美味しかったです。

というわけで、全体的に満足度高くて、驚きました。
少ない品数の中から注文してますが、一皿一皿がよく考えられています。ちゃんとしたレシピがあって、仕込みさえしてあれば、こんな夜中でも誰でも同じものが出せる料理を深夜メニューに揃えていて、ちゃんと美味しい。そりゃ「Lodge Bar」とは違いますよ。でも、こうやって仕事の後に来て一杯飲んでちょっとつまむには全然アリで、リピ確定しました。オープン仕立ての時に行った「White & Wong」はあまりに完成度が低すぎて、二度と行っていませんが、最初からちゃんとしたものを出せているのが感心します。

White & Wong のウェブサイトに載っているサーモン刺身の写真
実際に出てきたサーモン刺身の写真。もはやサーモンどこ?

さすがFergburger と言うべきか、満を持してオープンした感じがします。完成度高いですよ。
White & Wongも最後に行ってから2年たつので、そろそろ再訪してみようかな。

今回は「From 11PM」のメニューだったので、今度仕事が早く終わった時に「All Day Menu」も試してみたいと思いました。ちなみに「From 11PM」のメニューはすべて「All Day Menu」に含まれているので、いつでも注文できます。

新しく「行ける店」が増えて嬉しい限り。
今回は暇そうだったけど、これからは忙しくなるのかな?

それにしても、Ferg Burger があれだけ忙しいのに、店を拡張することなく、左隣には「Ferg’s Baker」その隣には「Mrs, Ferg」。そして右隣に「Ferg’s Bar」をオープンして、4軒すべてが違う業種というのがスゴイ。
よく、ショッピングモールなどで、お寿司屋さんが北口と南口に一軒ずつ店をだして「寿司が食べたいお客さん」を取り漏れないようにすることはありますけど、4軒並んだ店すべてが「Ferg」でありながら、ハンバーガー屋さん、パン屋さん、ジェラート屋さん、朝食も食べられるタパスバーと4種類のお店。あれだけ忙しい店だったら拡張を考えておかしくないのに、よくよく考えてみたら、拡張してイートインスペースを広げたところで、売り上げは変わりませんよね。だって、イートインスペースが空いていなければ、持って帰って家で食べたり、公園で食べたりするだけで、「イートインスペース空いてないからやめよう」とはなりませんからね。だったら、Fergの名前で違う店を出したほうが、それこそ違う需要のお客さんを獲得できますから、それぞれの店が単独で売り上げを上げることができます。本当に素晴らしいビジネスセンスだと思います。そんな中、Ferg’s Bar は初めての「中でゆっくり寛ぐ」というスタイルの店ですから、新境地ですよね。これからどう育っていくのか、今から楽しみです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA