さて、昨日予告した通り、夜は「Jervois Steak House」へ行ってきました!
美味しいステーキが食べたくなったら、この店に行っておけば間違いない。
お値段が高いので、フラッと行ける店ではないけれど。。。

メインは当然ステーキを注文するので、そんなに悩まないのでは?なんて思ったら大間違い。ここの店はステーキだけでも14種類。ソースは8種類もあるのです!一番高いのは、日本の「全農和牛A5」100g $75 です。
私は、「Darling Downs, Queensland, AUSTRALIA, grain-fed, Hanging tender MBS 6 200g」$49を注文。他のステーキはサイズが大きすぎて、ちょっと私には完食できないと思い、ノーチョイス。オーストラリアの穀物牛ですが、Hanging Tender というのは、日本で言うところの横隔膜の下の方「サガリ」という部分です、ちなみに、横隔膜の上の方は「ハラミ」です。英語だとBavetteと言って、うちの店のステーキは、このBavette を使っているので、焼肉のような濃い肉の味が楽しめます。
ダンナは、「First Light Wagyu, Gisborne, Hawke’s Bay, NZ, grass-fed only
Scotch MBS 5 300g」$70 を注文。この「First Light」というのは、うちの店で使っているのと同じブランドで、「NZ産和牛」なんですけど、穀物牛じゃなくて牧草で育てた和牛なので、日本の和牛ののようにサシは入っていないのです。それでも、やはり和牛ですから、肉そのものの旨味はしっかりあります。ちなみに、うちの店のビーフステーキは、この「First Light Wagyu」の「Bavette」を使っています。

さて、そのお肉はこんな感じ。

Hanging Tender(穀物牛)200g
First Light Wagyu Scotch ( 牧草牛)300g

焼き加減は、要望通りに素晴らしいミディアムレア。NZのレストランで、ミディアムレアと言ったら、だいたい焼きすぎでミディアムくらいで出てくるのが普通。きちんとした焼き加減でステーキがいただける、数少ないレストランの1つです。

こちらにお店は、ステーキを注文したら、お皿には本当にステーキしか乗ってこないので、サイドディッシュは別で注文しないといけないんです。
私たちは、オニオンリングとアスパラガスのサラダを注文しました。

この、皿に肉しか乗っていないという絵面すごいですよね。
肉の下にステーキナイフが敷いてあります。「どうだ!」みたいな感じ?
ここのお店は、ステーキを美味しいけれど、その他の料理は割と普通。美味しくないわけではないけれど、ステーキが食べたくて行くのなら、無理に前菜を注文する必要はないように思います。敢えて何かを注文するなら、前菜には、生牡蠣とかシーザーサラダとかがいいと思います。

ちなみに、今回注文した前菜2種はこちら。

牛肉のタルタル
Whitebait(シラウオ)のオムレツ

前回来た時は、違う前菜を注文しましたが、その時も「普通」だと思いました。悪くないけれど、別に、こんな高級なところで食べなくても、その辺のもっとお手頃なカフェとかでも同じようなものが食べられそうな感じ。
なので、同じ「普通」なら、確実に美味しい生牡蠣とかがいいんじゃないかと思った次第です。

というわけで、ステーキでおなかいっぱいになって、デザートを食べに「Mrs Ferg」へ。実は、行ったことがなかったのです。仕事の後でもいつも開いていますが、さすがに今までは寒すぎて、寄る気も起きなかったので。。。

チョイスはこちらの2種「Stracciatella 」と「Mascarpone, Fig & Almond」
「Stracciatella」 は、以前スタッフの子が食べているのを一口もらって、ただのチョコチップ入りバニラアイスかと思ったら、全然甘さ控えでサッパリしていて、とても美味しかったのです。調べたら、牛乳のジェラートらしい。「Mascarpone, Fig & Almond」は、以前なにかで賞を獲ったというのを見て、食べてみたいと思っていました。

私もダンナも、アイスクリーム系はほとんど食べない(多分年に1、2回)ので、甘いものもあまり得意ではないのですが、「Stracciatella 」は美味しかったですねー。本当に甘さ控えめでスッキリした美味しさ。オススメです!

ところで、昨日は天気も良かったので、店頭のベンチに座ってアイスクリームを食べていたのですが、「Mrs Ferg」の扉の取っ手がアイスクリーム型で可愛い!

そこで、お隣の「Ferg Baker」の取っ手は何の形なんだろう?と、ちょっと興味本位で見てみると、パンのめん棒でした!

わたし的には、「フランスパン型」が良かったなぁ。

というわけで、楽しい外食の時間は終了。
駐車場に戻ると、「Cookie Time」の車が停まっていたので記念撮影。

ちょっと、今日は、観光客みたいな1日を過ごしちゃったな。でも、こういうのも、たまには楽しいですよね!

Mrs Ferg へ行く途中、スタッフ夫婦と遭遇。ディナー帰りでした。お互い行った店がどうだったか情報交換。彼らは、私の一押しの店「Taj」へ行ったらしいんですが、めっちゃ美味しかったって言ってて嬉しかったです。しかも、満席で、申し訳ないので、さっさと食べて出てきちゃったと言ってました。
ちなみに「Jervois Steak House」は、私たちが17時に行った時に同時に入ったテーブルが数組いましたが、それから私たちが帰る18時半までは、一組も来店がありませんでした。こういう高級なお店は、もっと遅い時間から混み始めるのかもしれませんね。あとは、「Jervois」はもともとオークランド発祥の店で、こちらは支店になるので、ほとんどの観光客がオークランドから来ている今、オークランド人は、わざわざクィーンズタウンでJervoisには行かないのかもしれません。街をブラブラしましたが、どこも客足はまばら。このご時世、やっぱりレストランはどこも厳しいんでしょうね。

現在日の入りは20時くらいで、家に帰ってもまだ明るかったので、今日ガーデンセンターで買ってきた野菜たちを植えようと思ったのですが、さすがにちょっと寒くてやめました。明日は出勤前に畑仕事だ!

家に帰ったら、二人揃って私のベッドの上で寝てました。

天気が良かったので、いつもの青いシーツを洗って、ベージュに変更。
二人は同じ場所にいるのに、今日も、あっち側とこっち側でそれぞれのテリトリーを守っています。
そして、寝ていても牙が出ている虎丸。おー、怖い怖い。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA