今回、日本への帰国が中止になってしまったことで、お店で必要なものを色々ネットショップで購入し、大量にニュージーランドに送ることになりました。
前回は、「バッゲジフォワード」という海外転送会社を使ったのですが、今回は「御用聞キ屋」を利用。バゲッジフォワードのサービスが悪かったとも思わないし、値段が高かったとも思わなかったけど、クレジッドカード決済の手数料が痛かった。。。海外からの利用なんだから、ほとんどの人がクレジットカード決済すると思うんだけど、その手数料がかかるってのは、ちょっと躊躇しちゃいますよね。もしバゲッジフォワードが、クレジットカード決済手数料無料だったら、多分今回も利用したと思うんですよ。サービス内容には満足でしたから。
で、今回、「御用聞キ屋」を選んだ理由は、各社転送サービスを比較するサイトで、私のケースではどれが一番お得なのかを調べたのです。
実際、値段を比較をしたわけではないので、正直なところ、本当に御用聞キ屋が一番安かったのかどうかはわからないのですが、御用聞キ屋の特徴として「おまとめ手数料が無料なので、5箇所以上からの買い物をする予定の人にはお得」と書いてあったのです。私の買い物は、それこそあっちこっちから10箇所以上になるので、今回は、御用聞キ屋を使ってみることにしたのです。

で、結果どうだったかって言うと、安かったかどうかは他社と比較していないので分かりませんが、使ってみた感想としてはとても良かったです。
レビューに「まとめ梱包の技術が素晴らしい」と書いてあったのですが、実際送られてきた荷物は、私が想像する以上のおまとめ梱包技術でした!

まず、私が今回購入したものは、お店で使うものなので、それぞれの品数が多くー(レンゲ100個とか)、すべての荷物が到着した時点で「1箱にまとまらない可能性があります」と連絡が来ました。総重量は25kgでしたが、箱の最大サイズを超えそうな量の荷物が届いたということです。
でも、梱包依頼をだすと「25,100g  (62 x 46 x 40cm)」と連絡が来て、1つで送れることに。相当量の荷物であることは自分でもわかっていたので、1つにまとまったことにまず驚きと感謝。2つになったら、送料倍増ですからね。
EMSの送料と、転送手数料を合わせて合計36,790円の請求でした。通常26kgまでのEMSの送料が32,100円なので、手数料は4,690円ってことですね。これだけの買い物をしたものを転送してもらって、このお値段は安いと思うし、むしろ、「これで利益があるのか?」と思ってしまいます。
ちなみに、今回送っていただいた商品代金合計が135,000円でしたので、送料入れたら20万円近い金額!ものすごい出費ですが、お店で必要なものですから、仕方ありませんよね。

それで、御用聞キ屋の良いところとしては「仕事が早い」と思いました。もちろん、決してバッゲジフォワードの仕事が遅いと思ったわけではないのですが、今回は、金曜日にお見積もりが来て、土曜日の午前中に支払ったら、土曜日中に発送されて「東京国際郵便局」に届いたのです。
私としては、週末なので、荷物が動くのは月曜日だと思っていたため、発送依頼をした日に荷物が「東京国際郵便局」まで動いたことに驚き。さすが日本。週末とか関係ないんだな。
そして、さらに驚いたのは、その後の荷物の動き。これは「御用聞キ屋」とは関係ないのですが、前回2ヶ月ほど届かなかった荷物があっという間に動いたのです!

土曜日に発送依頼をした荷物が、なんと水曜日にクィーンズタウンまで届いたのです!オークランドだったら火曜日に届いていたと思います。週末はさんでこの速さ。国内郵便レベル。ちなみに、月曜日に、オークランドの会社からオンラインで購入した商品が、水曜日に同時に届きました。月曜日に注文を受けて、火曜日に発送して、水曜日に到着。みたいな流れだったと思いますが、まさか、土曜日に日本で発送依頼をした荷物が、オークランドで月曜日に注文された商品と同時にクィーンズタウンに到着するとは夢にも思っていなかったので、本当に驚きました!

そして、前述のおまとめ梱包技術ですが、こんな感じ。

箱を開けると、上部に緩衝材が一枚乗っていただけで、あとはまったく緩衝材を使っていないのです。購入した商品で、緩衝材になるようなもの、例えば「お茶」とか「タワシ」とか、そういったものを上手に詰めて、緩衝材を一切使わず、商品を緩衝材にして箱にピッタリ詰め込んでいるのです。それで、大量の商品も1つにまとまって、余分なものも一切なく、重量も25,1kgに収まったというわけです。今回は、お店のものを購入といいながら、上手にあるせんねん灸となべしゃぶは私物です(笑)

ちなみに、前回のバゲッジフォワードの梱包も素晴らしかったですよ。

そして、値段比較ですが、御用聞キ屋は、前述の金額ですが、詳細は以下の通り。
<御用聞キ屋>
重さ 25.1kg
EMS料金 32,100円
転送手数料 5,490円
合計 37,590円
クーポン割引 -800円
合計 36,790円

<バゲッジフォワード>
重さ 15.2kg
EMS料金 21,100円
転送手数料 2,960円
おまとめ手数料 750円
合計 24,810円
決済手数料 1,240円
総合計 26,050円

重さが10kgも違うので、一概に比べられませんが、御用聞キ屋では、今回の買い物で、初回にもかかわらずクーポン割引があったこと、バッゲジフォワードでは、次回はクーポン割引が使えるものの、今回は使えず、更にクレジットカード決済手数料が加算されたところが、合計金額の勝敗を分けた気がします。
というのも、バゲッジフォワードでもし25.1kgの荷物を送った場合、料金がいくらになるのかを計算してみたのですが、37,350円だったんですよ。御用聞キ屋のクーポン割引がなければ、バゲッジフォワードの方が若干安かったことになります。でも、結局、バゲッジフォワードは、この金額にクレジットカード決済手数料が上乗せされるので、結果39,217円になってしまうところでした。もしそれがなければ、ほとんど料金は変わりませんので、サービス内容だけで比べたら、正直どちらも同じくらい満足だったと思います。

それにしても、これだけの買い物をして、税関にひっかからずに無事届いたことに感謝。
そして、数千円という手数料で、こんなに面倒臭い作業をしてくれる、海外転送代行会社に感謝。

あ、ちなみに、玄関先に届けられた荷物、「FRAGILE」のシールが貼られているのに、そのシールを破って箱に穴が開いてましたよ(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA