さて、友人家族の滞在が一日延びたおかげで、やっと天気の良い日に恵まれて、いざ、さくらんぼ狩りへ!
さくらんぼ狩りは、我が家から車で40分くらいのところなんですが、往復一時間半となると、年末に一回、年始に一回くらいしか行きません。しかも、天候によって、さくらんぼの実り具合や時期もずれてくるので、一回しか行けないこともあります。

昨日が寒かったので、山の方は雪が降ったようで、景色は最高!山に雪が降った次の日の晴天だと、雪がかぶった山と青空のコントラストが楽しめます。

今年は、ちょっと冷夏なので、2週間前にサクランボ狩りに行ったスタッフは「まだ全然でした」と言っていたのです。きっとクリスマスくらいがちょうど良いだろうと思っていましたが、まさに的中!たわわに実ったさくらんぼを取り放題の食べ放題!こんな贅沢なことがあるでしょうか?しかも、コロナの影響で観光客が少ないということも影響しているのか、さくらんぼも、地面にたくさん落ちてしまっているくらいにたくさん実っていたのです!

下の方にも実っていますが、やはり上の方が真っ赤に熟れた実がたくさんついているので、はしごを使って高いところのさくらんぼを狙っていきます。

食べ放題なので、もうめっちゃ熟れてて今が食べどき!ってのはどんどん口に入れて、8分熟れくらいのさくらんぼをバケツに入れていきます。あまりの糖度の高さに、食べ過ぎて歯が痛くなってくるほど。
オークランドから来た友達も「こんなに日本のさくらんぼみたいに甘くて美味しいさくらんぼがニュージーランドにあるなんて知らなかった!」と驚いていました。
そう。ニュージーランドといえば、メジャーなのは、日本で言うところの「アメリカンチェリー」で、この日本の佐藤錦みたいなさくらんぼを栽培している農園は少ないのです。しかも、気候の関係で、北島ではさくらんぼ栽培には温暖すぎて、南島のオタゴ地方が、さくらんぼの名産地。山形みたいな感じなんですかね?

そして、さくらんぼ食べ放題のあとは、取ったさくらんぼを量り売りしてもらいます。アメリカンチェリーは$15/kgなんですが、ホワイトチェリーは$20/kg でした。去年まで同じ値段だったのになぁ。全部で7kgだったので$140。入場料ナシの食べ放題ですから、持って帰る分だけ支払ってこの値段は安いと思います!これを、二家族で分けて、そのうちの半分をお店に持って行って、スタッフにおすそ分け。残った2kgのサクランボは、私とダンナと食べ尽くします!
今の時期だけの贅沢です。

ところで、クロムウェルとクィーンズタウンの間には「Jones Family Fruit Stall」という有名なフルーツ屋さんがあって、クライスチャーチ方面から下ってくる多くの観光客が、クィーンズタウンに向かう途中、ここで最後の休憩を取るんです。なので、トイレもたくさんあるし、いつも観光バスと乗用車で駐車場はいっぱい!日本の国道沿いにあるドライブインみたいな感じです。いつも、店内もめっちゃ賑わってて、中国人の店員も何人もいるような店だったんです。
ところが、今回、そこに寄ったら、なんと車が全然停まってない!!!

働いている従業員も、本当に「Jones Family」だけ?っていう感じ。
ここも、コロナの影響で、ものすごい痛手を被っているのだろうなぁ。とヒシヒシと感じました。

さて、家に帰ってから、昨日のBBQの残りで再びBBQランチです。

食後は当然、とりたてのサクランボ!

そしてこのあと、私たちは15時から仕事です!
午前中にサクランボ狩りに行って、昼はBBQして、それから出勤なんて、本当にクィーンズタウンでの暮らしは贅沢だと思います。ここに住んでいると、それだけで生活自体が豊かになる気がするのです。こんな暮らしを体験した友人夫婦は、本気で移住を考えるほどにクィーンズタウンに惚れ込んで、オークランドに帰って行きました。

来週は、また別の友人夫婦がオークランドから遊びに来ます!
彼らは我が家には滞在しませんが、仕事の前に一緒にランチに行ったり、お店が休みの日はちょっと遠出したり、今から楽しみで〜す!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA