さて、ダンナが首を長くして待っていたグリーンハウスが年末に到着し、正月休みはグリーンハウスの組み立てにすべてを費やし、その後、室内や屋外の各所にあった水耕栽培キットたちを、すべてグリーンハウス内へ移動しました!

左は紫蘇モドキとミント。

正面は上段がヴィオラとミント、下段が本物の大葉

そして右側の上段がヴィオラ、下段がナスタチウム。

何がすごいって、このグリーンハウス内には、土が一切無いってこと。すべてが水耕栽培です。水と栄養剤の補充はこまめにしていかなければいけませんが、それでも、一度このシステムさえ作り上げてしまえば、あとの手入れは、土よりもラクなのです。

このモーターで水を循環させていて、これを動かすための電源につながるコードは地中に埋めました。

冬になれば、この電源にヒーターをつないで、零下のクィーンズタウンでも、外で水耕栽培を続けることが次の目標です。
そして、秀逸なことに、夏場に日差しが強すぎたり、冬場の暖かい日にヒーターがききすぎたりなどして、グリーンハウス内の温度が上がると、自動的に上の窓が開いて、換気できるようになっているのです。

そして、室内屋外各所で行われていた水耕栽培キットをすべてグリーンハウス内に移したところ、今までも順調だと思っていた成長とは比べ物にならないぐらいに健康に成長していくのです。

もう、店で使い切るには採れすぎてしまうくらいの成長ぶり。うれしい悲鳴ですね。夏の間は外でも順調に育つわけですから、グリーンハウス内で順調なのは当たり前。問題は、夏が終わったあとも、一年を通して育て続けることができるかどうかっていうこと。乞うご期待。

そして、庭の家庭菜園ですが、ほとんど放置しているにもかかわらず、天候のせいか順調にいろいろ育ってくれています。

葉物野菜のエリアは、もう荒れ放題で、菜の花が咲きまくっているのですが、菜の花が咲いていない株を見てみたら、なななんと!植えた覚えもないのに、こんな立派なブロッコリーが育っているではないですか!

その隣には、まだ小さいけれど、どうもカリフラワーも育っている様子。

これ、多分、去年植えていたのの根っこが残っていたのか、種が落ちていたのかわかりませんが、確かに去年ここには、ブロッコリーとカリフラワーが植えてありました。でも、今年は植えていなかったので、発見したときには、本当にビックリしました!

昨晩は、いつものように、いつもの場所で眠っていた虎丸。

「ンーーーーーー」と声がしたので見てみると、ベッドから外まで這い出して来た姿勢。

この姿に、一瞬「え?心臓発作?」とビビり、声をかけてみるも、ただの爆睡。
寝相が悪いにもほどがあるだろ。まるでオオサンショウウオのよう。

日々、可愛い猫ちゃんに癒される私なのでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA