さて、先日伺ったミルブルック在住の方の家に影響され、早速キッチンを片付けてみました。

やればできるじゃないか!!
調味料類は引き出しに、炊飯器類は棚に収納。
使うたびに出すのは面倒くさいと思ったけれど、ごはんを炊くのは三日に一度くらい、トースターなんて、週に一回使うかどうか。収納する場所があるのであれば、出しっ放しにするほど使用頻度高くないかも。と思いました。
調味料類も、まとめて出して、使い終わったらまとめてしまえば、むしろ使った後のキッチンの掃除も楽になりました。
問題は、これがどのくらい維持できるかってこと。
今まで余裕のあった収納スペースを完全にフル稼働させたので、フラットメイトがいたら無理だけど、私だけなら、私次第なので、なんとかなるかなぁ。

そして、今日は、そんな綺麗になったキッチンで、ルバーブのジャムなど作ってみました。

ルバーブは、私がNZに来て初めて出会った野菜の1つ。見た目は赤いセロリみたいなのに、ジャムにすると、持ち前の酸味で、甘酸っぱい美味しいジャムができあがるのです。

ルバーブの皮は、セロリよりもずっと固い繊維質なんだけれど、そのまま繊維質がジャムになるのでラクちん!
実は、このルバーブジャムの美味しさが忘れられず、日本に帰った時に、旅行先の道の駅でルバーブを発見して、早速家でジャムを作ったんですよ。この美味しさを家族にも教えてあげたくって。
もちろん、この赤いセロリみたいな野菜が美味しいジャムになるなんて、家族みんな疑心暗鬼。そして、できあがったジャムを味見してみてビックリ!!!!
なんと、我が家のキッチンでは、どう見ても砂糖を入れているであろう容器に塩が入れてあって、私は迷うことなく、その塩を使ってルバーブを煮込んでいたのです!まあ、味見したときの酸っぱしょっぱい事といったらありませんでした。っていうか、あの容器に塩が入っているなんて、たぶん母しか分かりませんよ。どう見ても砂糖入れでした。

あとから知ったのですが、ルバーブは、砂糖じゃなくて、塩で煮込むと「梅ジャム」のようになるというんですよ。私はまだやったことがありませんが、まあ、ジャムを作る勢いの量で塩を入れたので、あの時は、梅ジャムを通り越してしょっぱすぎましたが。。。

当時はまだまだ日本では珍しかったルバーブ。今では結構流通しているのでしょうか?

ジャムって言ったら、やっぱりベリー系が主流ですが、甘すぎるものが多いんですよね。唯一ラズベリーが他よりも多少甘酸っぱさが残っているくらい。なので、酸っぱいルバーブに砂糖を足して作ったこのルバーブジャムは、本当に甘酸っぱくて、超大好き!今日はまだ作り立てで熱々なので、明日、ヨーグルトに載せて食べるのが楽しみです!

さて、水曜日は友達がオークランドから遊びに来るので、またもや家を大掃除しなければいけません。こうやって、定期的にお友達が遊びに来てくれると、家が常にキレイに保たれていいことですよね。とりあえずキッチンはキレイにしたので、明日はリビングの掃除と、庭の目立つところの雑草抜きでもしようと思います。

今日は久しぶりに猫ちゃんの動画をアップしました!
動く魚のおもちゃをGETしたので、きっと喜んでくれると思っていたのですが。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

2+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA