オークランドの時は、毎年花を咲かせてくれていた月下美人。
一年に一回一晩だけ花を咲かせるのを見逃さないように、「もうすぐ咲きそう」となると、お店に持って行って、スタッフやお客様と感動を共有していました。

そんな月下美人も、なぜかクィーンズタウンに持ってきてから、一度も花を咲かせていなかったのです。暖かい気候の方が合っているのでしょうか。でも、室内だし。。。

と思っていたら、ある日、突然、月下美人が小さな蕾をつけているのを発見!
これが、2月5日のこと。

そこから10日かけて、蕾がここまで成長して、だんだん上を向いてきました。
月下美人は、開花前に蕾が上を向くのです。

「もうすぐ咲くかな?」と思ったけれど、蕾がまだ小さい。開花前には、蕾がもっと大きくなって、もっと膨らむはず。

そして、昨日、2月19日。
朝、月下美人の蕾が少し膨らんで、ほどけてきてる!これは、今夜咲くんじゃないか???

と思っていたら、やっぱり!
昨日、仕事から家に帰ると、月下美人が咲いていました!!!
咲いているか確認しなくても、家に帰ったら、すぐに月下美人が咲いているのがわかりました。なぜかっていうと、月下美人の香りが家中に広がっていたから。

アップにすると、こんな感じ。

一枚一枚の花弁は、まるで白鳥の羽のように白く透き通って美しいのです。

そして、月下美人は、後ろ姿もすごいんですよ。まるでエイリアンのよう。

正面から見ても、口の中から手が出てきて襲われそう。

これは、オークランドの時に、咲く経過を写真に収めたものですが、この、蕾が開き始めたところから飛び出してくる「おしべ」がやっぱりエイリアンぽい。

美しさと恐ろしさは表裏一体なのですね。
この美しい花と香りに誘われて、近づくと襲われそうな「おしべ」と「めしべ」が飛び出している。でも、美しくて近づいてしまって、とって食われてしまう。というような逸話を想像してしまいます。

そして、そんな月下美人も、その美しい姿は一夜限り。
翌朝には、こんな風にしぼんでしまうのです。

けっこうなサイズです。
そして、この一夜で終わってしまったこの月下美人ですが、こちら「食べられる」って知ってました?
昨夜「食べられてしまいそう」と思っていた月下美人を、翌朝「食べる」のです。

オークランドで、大量の月下美人を咲かせる友人がいるのですが、彼は毎年、咲き終わった月下美人を「おひたし」にして食べると教えてくれました。
というわけで、今年は、「キュウリと月下美人のおひたし」を作ってみることに。

月下美人の花は、ちょっと「オクラ」にも似た粘り気ががあり、キュウリのシャキシャキとよく合いました。

というわけで、今年、クィーンズタウンに来て、初めて咲いた月下美人。
そして、初めて食べた月下美人。
美しく、芳しく、そして美味しい。
また来年、どうか花を咲かせてくれますように。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

3+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA