塀の外側に藤の苗を植えたのは、去年の10月のこと。ま、こちらでいう「春」ですかね。塀に上手く蔦が伸びて、藤棚のようになったらいいなぁと期待しているのですが、植樹してから4か月で、随分と弦を伸ばしてきました。
今年の夏は成長させて、来年の春ごろに咲いてくれたらいいなぁと思っているのです。

ちなみに、去年の10月の時点でこのサイズでした。

中国の藤と日本の藤を両方買って、交互に並べたのですが、購入した時には、日本の藤の方が小さめで、中国の藤の方は、もう花をつけているものもありましたが、ぱっと見そんな大きな違いは感じられず、2種類あった方が両方咲いた時に楽しめるし、もしかしてどちらかが上手くいかなくても、どちらかは生き延びてくれたら。という思いもありました。

ところが、植樹して4か月。中国の藤と日本の藤に、明らかな違いが出てきたのです。

こちらは中国の藤。細い弦がちょっとでてきるだけで、サイズは大きくなってきていますが、横に広がってきていません。

こちら日本の藤。枝を伸ばし、そこから弦も伸びて、横に成長してきています。

中国の藤と日本の藤を、交互に植えてありますので、完全に1つ置きにこうなっています。なんなんだこの違いは!同じ藤でも、品種が違えばこんなに違うのですね。
でも、まだ分かりません。来年の春に花を咲かせる時期になったら、育っていなくても中国の藤が花を咲かせ、育っているのに日本の藤は花を咲かせないかもしれませんからね。

とりあえず、藤は、夏は「成長期」らしいので、今まさに成長しています。この期間中は、とにかく思う存分育ってもらって、 こまめに誘因をして、来年に向けて、キレイに形を整えたいと思っています。

そして、調べたところ、耐寒性は強いようなので、寒いクィーンズタウンの冬もきっと越えてくれることでしょう。

話は変わって、家庭菜園のトマトですが、こちらもジャングルのようになっていましたので、終わってしまった野菜や、雑草を全部キレイにして、全盛期を迎えているトマトに支柱をたてて整えてみました。

これ、一株ですよ。支柱を5本も使って枝を伸ばしています。
ちなみに、これが3株あるので、畑は今、トマトでいっぱいです。
毎日10粒ほど収穫できて、しかも甘くて美味しいので、今はトマトの手入れに力を入れようと思っています。

今日は最後に、赤ちゃんの時の虎丸の動画。たったの3秒なので、スローモーションにしてみました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA