クィーンズタウンには、もともと3つの英語学校があったのですが、現在、1つは閉校してしまい、もう1つは郊外(と言っても車で15分ほど)のところにコロナの直前に引っ越し。街中には、英語学校が1つしかなくなってしまいました。
が、ご存知のように、ワーホリも留学生も入国できない今、生徒の確保はとても困難で、NZに残りたいけど残る術のない人たちが、学生ビザを取得して在籍しているようです。

そんな中、永住権保持者と、パートナービザの人たちを対象に、12週間授業料無料!が始まりました。3月中のどこかの月曜日にスタートして、月〜金まで12週間きちんと修了することと、出席率95%以上が条件で「気の向いた時だけ行く」というのはナシ。

ものすごい興味あるし、正直行きたいんだけど、スタートが朝8時半は早すぎる。。。まあ、うちのスタッフでも、昼の仕事と夜の仕事を掛け持ちしている人とかいるし、以前ワーホリがいた時は、昼間学校で夜仕事の人とかいたけど、わたしには仕事をしながら「朝8時半」に学校に行くバイタリティはないなぁ。。。せめて12時〜とかなら、絶対行きたいんだけど。

そして、もうひとつのクィーンズタウンの学校「Language Schools NZ Queenstown」は、うちから車で10分もかからないご近所なんですが、なんと、こちらもひっそりと無料レッスンをしているらしい。「Southern Lakes English College」のように、広告を打ってやっているわけではないんですが、フェイスブックにこんな投稿を見つけました。

「Hi everyone,Just a quick reminder that school has reopened again for free classes.9am to 12pm Monday to Friday until June 30th 2021. This is open to the whole community of Queenstown so let you friends and work colleagues know.Come and take advantage of this great opportunity to continue your journey of learning English. 」

この投稿によると、今年の6月末まで、無料みたいなんですけど、この投稿があがったのが、去年の11月24日で、それ以来、この件についての投稿がないんですよ。本当にやってるのかな?もしやってるとしたら、家から近いし、時間も9時からだし、こちらの方が行けそうな気がする(本当に行く気があるならね)。

というわけで、クィーンズタウンの2つしかない英語学校は、2つとも、無料で授業を受けられるみたいなんです。他の都市でも、そんなことになってるのかな?でも、これは、ものすごいチャンス。行きたいなぁ。問題は朝起きられるかだ。

でも、英語学校は、「完全無料」で授業を提供して、なにかメリットがあるのだろうか。授業は無料だけど、他になにか費用がかかるものがあるとか、無料の事業を受けたら、そのあとに、何かが待っている。。。とか。
「先生の雇用を維持するため」というのが一番の目的だと思うけれど、学校運営の経費は、生徒からの授業料なしで、何で賄っているんだろうか。
確か、オークランドやクライストチャーチでは、「永住権を持っていると授業料が無料」みたいなコースを持っている学校があったので、永住権保持者を受け入れることで補助金が政府から支払われるのかもしれませんね。じゃなければ、12週間満了と出席率95%という条件はつかない気がする。。。この条件を満たして卒業した生徒一人につき、補助金いくら。というのが出るのかもしれませんね。

ま、なにはともあれ、このコロナ禍で、厳しいのはレストランだけではないということ。学校に通うことで、もし政府からの補助金が学校に入るなら、ぜひとも協力したい。ですけど、問題はやはり「起きれるかどうか。。。」

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA