オークランドと言えば、遅くまで開いている店がたくさんあって、仕事のあとに、ちょっと食べに行く。ってことが普通に可能だったんです。でも、ここクィーンズタウンでは、遅くまで飲める店はあっても、「食事ができる店」ってのがないんですよね。(あるかもしれないけど、私が行くような店の中にはない)あ、たまにFerg Burgar とかFerg Bar には行きますけどね!そのくらいかなぁ。

そんな中、Tanoshi が金土だけ深夜営業を開始するという情報を入手。0時までなんですが、十分です。早速行ってきました!

「Osaka Nights」と命名されている深夜営業のメニュー。にもかかわらず、通常メニューのお好み焼きとかはありません。なぜに大阪?オーナーが日本人ではないので、その辺は、あまり深い意味はないのでしょうね。
限定メニューなので、つまみ、揚げ物、ラーメンという構成になっていて、鉄板メニューははずしてありました。ホール一人キッチン一人で、細々とやっていくのには、限定メニューにしないと難しいですよね。反対に、よく天婦羅やるなぁ、とちょっと感心。天婦羅なんて面倒臭い料理、うちの店がもし同じことをするなら、天婦羅は絶対にやらない。同じ揚げ物をするなら、通常メニューにはあって、限定メニューからは外されている焼き餃子を「揚げ餃子」にするだろうな。やっぱり「衣をつける」って作業、面倒臭いですから。あとは、作り置きができて「出すだけ」でいい「バンバンジーサラダ」が限定メニューにはなかったんですよ。通常メニューの中でも、結構簡単に出せる料理の1つだと思ったんですけど。ま、いろいろ思惑があるのでしょうね。

つまみに「ピリ辛きゅうり」を注文して、キッチンから「キムチ豆腐」がサービスで出てきて、おかずに「野菜天婦羅」を注文して、締めに担々麺と醤油ラーメンを1つずつ注文しました。

わたしたちは、「お茶する」とか「飲みに行く」ということは、ほぼまったくしないので、外で行くのは必ず「外食」なんです。もちろん食事と一緒にお酒を飲みますし、反対にお酒を置いていない店に食事に行くことは絶対にしないんですが、それでも「メイン」は食事であって、お酒ではないんですよね。
だから、こんな風に食事ができて、お酒も飲める店が増えることは、本当にありがたいことなんです。
日本人にとって、仕事のあとに、ちょっとラーメンが食べられる店があるのって、それだけでちょっと嬉しくありませんか?
金土だけの限定ですが、また行きたいと思いま〜す!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA