またもや虎丸の話題で恐縮なんですが、今回怪我をして、家の中に閉じ込められていることで、虎丸が進化しているんです!

なにが進化しているかって、まず第一の進化は。。。
なんと、自分でドアを開けて出て行ったのです!!!
正直信じられませんでした。家の中に閉じ込めているはずの虎丸がいなくなっていて、見たらリビングのスライドドアがちょっとだけ開いているのです!
ダンナは、「最初から少しだけ開いていたんじゃないか」と言いますが、そんなことはありません。この寒い冬に、ドアをしっかり閉めないこともあり得ませんし、ましてや虎丸を閉じ込めているというのにドアをちゃんと閉めないなんてこともあり得ません。
私も、虎丸が自分でスライドドアを開けて出て行った現場を見た訳ではありませんが、状況証拠からして、それしか考えられず、試しに、わたしが、虎丸の立ち上がった時の手の位置で、指3本であけられるか試してみたところ、出だしこそちょっと力が入りましたが、ちょっと動いたら、あとはスルッと開いたのです。
これは、虎丸が、肉球を使って開けたとしか思えません。
なんてこった!リビングのスライドドアは、今後しっかりロックしておかなければ!

虎丸が自分で開けたと思われるドア

そして、第二の進化は。。。
現在、ウェットフードに薬を混ぜて食べさせているので、カリカリの量を減らしているんです。なんていっても、我が家の猫ちゃんたちは、高級ウェットフードよりもカリカリフードが大好きなもんで、カリカリがあると、薬入りウェットフードを完食しない可能性があるのです。

すると。。。今朝7時頃。目を冷まして寝室のバスルームにあるエサを食べに行ったであろう虎丸。毎朝10時頃に薬入りのウェットフードをあげるため、早朝には、ウェットフードもなければ、少なく盛ってあったカリカリも食べ尽くされていたのだと思われます。そこで何が起こったかというと、バスルームから、虎丸の大暴れするすごい音が!最初は無視していましたが、音の感じからして、どうもカリカリが入っている容器を引っ張り出して、格闘しているようなのです。その音がしばらく続いた後、静かになり「カリカリカリカリ。。。」と小さな音が。。。
そう。虎丸。自分でカリカリの容器を引っ張り出して、蓋まで開けて、食べていたのです。なんて食いしん坊で知恵の働く子なのでしょう。ジジなんて、開いている猫窓の前に座って「開けて」をするくらい甘えん坊のダメ子ちゃんなのに、虎丸は、エサがなければ自分で容器を開けてしまうという賢さ。う〜ん。こんなにも違う二匹の性格に、うちの両親も、こんな風にわたしたち姉妹を見ていたんだろうな。と感慨深く思ったのでした。

普段はトイレの片隅に置いてあるカリカリの容器
引きずり出して、頑張って蓋まで開けたみたい。

さて、昨夜ですが、外に出られない虎丸は「開けて開けて」をし過ぎたのか、疲れてあっという間に寝てしまったようで、寝室に行ったきり出てこなかったんです。
それで、わたしたちが寝る時間になって、寝室へ行ってみると、虎丸が、上半身宙に浮いたように、変な格好で寝ているではありませんか!
正直、最初、発作かなんかで死んでしまって、死後硬直なんじゃないかと焦るほどの変なポーズだったのですが、腹部を見ると、静かに動いていたので、ただ寝ているだけだとホッと胸をなでおろし、この変なポーズをどうやって記録したら伝わるだろうかと、いろんな角度から撮影してみました。

伸びしているわけでもなく、死後硬直で固まっているわけでもなく、ただ気持ちよさそうに寝ているだけのおかしな虎丸の姿をご堪能ください。

伸びしているわけではありません
完全に腕が両方浮いています
なんという下半身のだらしなさ
でも、なんだか気持ちよさそう。。。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA