さて、なんとなく、仔猫ちゃんたちと同じ空間で過ごせるようになってきたジジ。仔猫ちゃんたちはもともとジジにはお構いなしなので、大事なのは、ジジが大丈夫かどうかってこと。さすがにチュッチュするほどまでには至りませんが、「ウ〜〜」とか「フ〜〜」とかは言わなくなりました。とりあえずは上出来です。
ダックちゃんのときは、ジジの姿を見れば、全力で突進していましたので、ジジは一時たりとも心が休まることがありませんでした。今回の仔猫ちゃんは、二匹とも仔猫同士で追いかけっこをしてくれるので、ジジには無害です。

ジジは、二匹が外にいる時は、遠くから眺めているだけですが、二匹がネット小屋に入れられている時には、近くまで来て眺めているんですよ。
下の写真は、仔猫ちゃんの姿は見えませんが、実は毛布の中にメイちゃんがいます。

そして、問題は虎丸です。
現在、虎丸が寝室で寝ている時や、外出している時にだけ仔猫ちゃんをリビングに出しているのですが、虎丸がリビングに来ることはほとんどないので、なんとなくやり過ごしてきました。

外から帰ってくる時には、玄関のチャイムがセンサーで鳴るようになっているので、それが鳴り始めると、仔猫ちゃんたちを急いで回収してから、虎丸を家の中に入れてあげます。その場合、個室ではなくて、リビングのネット小屋に入れて、虎丸に二人の存在を認知させるようにしています。

でも、この二匹は、虎ちゃんが来ると、捕獲されてネット小屋に入れられることに対し、多少なり虎ちゃんが脅威なことがわかっているのか、「出して出して」の大騒ぎをせずに、いつも、ネット小屋の中で身じろぎもせずに静かに座っているんです。ちょっと写真がなくて残念なんですが、二人揃って正座している感じ。ジジの時は「出して出して」と大騒ぎするのに。。。
そのジジにさえ「遊んで」と近づいていかない二匹ですから、自ら虎丸に近づいていくようなことはしないとは思っているんですが、やっぱり、仔猫ちゃんになにかあっては大変なので、今は、虎ちゃんと仔猫たちを直接対面させることは避けているのです。

でも、二匹は、ジジのことを全然気にしていないのと同じように、虎ちゃんのことも全然気にしてないんですよ。多分、対面させても、ダックちゃんの時のように「遊んで〜」と飛びかかったりはしないと思うんです。
いや〜、ダックちゃんの時は、あまりにも走り回るので、捕獲が間に合わなくて、虎ちゃんとリビングで対面してしまったことが何度かあったのですが、平気で虎ちゃんに向かって飛びかかって行きましたからね。気が気じゃありませんでしたよ。
この二匹は、きっとそういうことはしないと思うし、虎ちゃんも、威嚇こそすれど、仔猫を襲うことなんてしないとは思うんですけどね。

こちらは、リビングで仔猫ちゃんたちが遊びまわっている最中に、外から帰宅した虎ちゃんの動画です。

そして、今日も虎ちゃんは寝室で爆睡。
このまま住み分けて行けばいいんだろうけど、本当は仲良くなって、一緒に過ごして欲しいなぁ。
別に「仲良く」はしなくてもいいけど、普通に同じ空間に一緒にいられて、捕獲して隔離とかが要らないようになってくれればいいなぁと思ってます。

なんと!昨日は、仔猫ちゃんたちにご飯をあげていたら、ジジが近づいてきてご飯を催促してきたんですよ。それで、慌ててジジにもご飯を出して、トレーを並べてみると、みんなで仲良くお食事タイム!やっぱり食事中は食べることに夢中なので、他の猫がいてもお互い気にしないみたいで、これからこうやって、距離を近づけていってくれることを期待します!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA