風邪と蕁麻疹で病院に行った時、アンチヒスタミンを処方してもらったのですが、これが全然効かなくて、病院に再訪したときに、もっと効果の強いアンチヒスタミンを処方してもらったんです。でも、これは、服用すると眠くなるので、夜に飲むように言われました。

そして、この薬に変えてから、3日ほどで蕁麻疹も良くなり、効果のほどを実感していたのですが、治ったと思ってやめてみると、また蕁麻疹が少しだけで始めたので、また一昨日から服用を始めました。

薬の効果で、蕁麻疹が良くなるのは有難い事なのですが「これを服用すると眠くなるので夜に飲んでくださいね」と言われた、その「眠くなる」の度合いが凄すぎて、ちょっとビビってます。

というのも、わたしは、寝つきがそんなに良い方ではなく、少しでも明るいと眠れないので、必ずアイマスクをして寝ているんです。それこそ、風邪をひいていた最中は、マスクをしてアイマスクをして寝ているので、顔全体が覆われていて息苦しいくらいで、鼻だけ出して寝ていました(笑)

ところが、この蕁麻疹の薬を飲むと、夜、びっくりするくらいよく眠れるのです。そして、それだけではなくて、朝も起きられない。。。
まあ、わたしは、出勤が15時なので、そもそもが目覚ましなどかけずにいつも寝ていて、「起きた時間に起きる。」というストレスフリーの生活をしているわけですが、本気で11時過ぎても目が覚めないのです!さすがにこれは寝過ぎだぞ。
まあ、でも、それが功を奏したのかどうかは分かりませんが、深く快適な眠りを十分に取ることに寄って、最終的に風邪も良くなったのかもしれません。

それで、蕁麻疹が治ったと思ってしばらく止めていた薬の服用を、また一昨日から始めたのです。そしたら、いつも、まずはベッドに入り、携帯電話の睡眠アプリをONにして、電気を消して寝る。。。という流れなのですが、ベッドに入った後、一昨日は、睡眠アプリをONにする暇もなく寝てしまい、なんと昨日は、睡眠アプリをONにしていないどころか、朝起きたら電気までついてたんです!!!

今まで、アイマスクをしないと寝られないくらい寝つきが悪かったのに、アイマスクを装着しないどころか、電気までつけっぱなひで寝てしまうなんて!!!これってもはや、アンチヒスタミンを越えて、睡眠薬のレベル。

人によって、薬の効き具合って様々だと思うんですが、どうもわたしは、この薬で、蕁麻疹が治るだけではなくて、まるで睡眠薬を飲んだかのように眠りに落ちてしまうようです。

深い眠りに落ちることができるのは有難いですが、朝起きられなくて、寝過ぎてしまうのは問題です。そして、まだ眠いのに無理やり起きているもので、こうして午後になってもまだちょっと眠い。。。
なんか、こういう睡魔と闘う感じって、大人になってからあまりなかったから懐かしい。

今朝は、わたしが爆睡している間に、ダンナは猫のトイレを掃除して、餌を取り換えて、ゴミ出しをしてからプールへ。わたしが起きたときには、すべてが済んでいて、ダンナの姿はありませんでした。
そして、目覚めたわたしの携帯電話には、ダンナから写真が送られてきていました。

ゴミ捨てに行く途中に、散歩中の虎丸に遭遇したそうです。
可愛い❤

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA