今日は、ドライブスルーワクチンに行ってきました!
予約が2分おきだったので、わたしは10:06。ダンナは10:08。
こんな小刻みに予約を取っていて、時間順に車で並ぶのどうするんだろう?と思っていたのですが、いざ、行ってみたら、全然並んでいなくて、むしろどこでドライブスルーをやっているのかも分からないくらい。
車で駐車場のを方へ進んでいくと、接種が終了して車の中で待機している人たちがいて、車のなかから「あっちあっち」と指をさして教えてくれました。
よくみると、紙に書いた矢印がポールに貼ってあったり、曲がるところの壁にチョークで矢印が書いてあったりしたのですが、まったく分かりませんでした。診療所の隣が保育園なので、そこの壁にチョークで矢印が書いてあっても、落書きかと思いますよ(笑)

そんな感じで、余りにもガラガラな接種会場で、入り口は分かりにくかったですが、実際に接種する場所には看護師さんと、申し込みのデータを確認する係りの人が待機していて、「今日は特に体調悪くないですか?」「アレルギーはありませんか?」など、簡単な質問があったあと、すぐに終わりました。たぶん二人で5分かかりませんでしたね。例えば、今日は激しい運動や飲酒は控えるようになどの説明もなかったです。駐車場で20分待機するようにだけ言われました。

接種そのものは、採血よりもずっと簡単で、針も細くて痛くないし、一瞬で終わりました。

駐車場には5台ほど車が停まっていましたが、隣が、偶然にもこの前チーズケーキを届けてくれたご夫婦で、久しぶりに人と会話をしました。彼は、今日一日の過ごし方について聞いたようですが、「いつも通りで大丈夫」と言われたそうです。まあ、あとは「レベル3になったらどうする?」なんて会話をしてました。今日はまた政府からの発表がありますからね。何か新しい情報の更新があるかもしれません。

さて、先週ワクチンを摂取した友人の話では、腕の痛みや、倦怠感、発熱などを考えると、本調子に戻るのは2、3日みたほうが良いというこでした。
なんか、わたし、普段から体調があまり絶好調なことがないので、副反応が出やすい体質な気がして心配です。
とりあえず、今、接種から1時間たとうとしていますが、今のところは変わったところはありません。あとは、夜に発熱があるかもしれませんよね。。。

我が家から、ドライブスルーワクチンをしてくれるGPまでは、車でほんの2分。歩いても10分くらいのところなんです。移動距離が短いのは嬉しいですよね。なにかあればすぐに病院に行ける。そして、副反応が出てもゆっくり休めるように、午前中の摂取で予約をしました。冷えピタも、解熱剤も、準備万端です。

先日散歩に行った時にも写真をアップしましたが、この診療所と同じ敷地内に、現在Southern Cross Hospital を建築中なんです。昨日は、「今どのくらい出来上がってるのかなぁ」と思って、近くまで見に行ってきました!

まず、こちらが、わたしが登録している診療所「Wakatipu Medical Centre」
となりに薬局を併設しています。「どこでドライブスルーするのかな?」と思って見てみましたが、なんのサインもありませんでした。。

お隣は「Gems」という保育園。
実際は、この保育園の右側の、両サイドにポールが立っているところがドライブスルーワクチンの接種場所になっていて、向こう側から車で進入するのに、駐車場をぐるっと回るような感じになっていました。

そして、この反対側には、大きな病院が建設中。

手前の大きな建物2棟は、外観はほとんどできていました。
この奥にも、まだ別の棟を建設しているようでしたが、そちらはまだ骨組みでした。まだまだ時間がかかりそうです。

そして、この病院の場所なんですが、ちょうどメガネ型になっているふたつの新興住宅街「Lake Hayes Estate」と「Shotover Country」の真ん中のつなぎ目のところに位置するんです。この2つの新興住宅街だけで、アロータウンの人口を軽く上回っているらしいので、ここに新しい診療所ができたことは、本当に画期的なことですし、しかも、クィーンズタウンで初めての大きな私立病院が建つことも、本当に待ち遠しいです。わたしたち、Southern Cross の医療保険に入っているんですが、クィーンズタウンだと、全然使い道なかったんですよね。ここにSouthern Cross Hospitalができたら、クィーンズタウンで保険に加入する人が増えるかもしれませんね。

そして、このメガネ型のつなぎ目のところに位置する病院ですが、では、メガネの間の額部分には何があるかっていうと、高級老人ホームが立ち並んでいるんですよ。つまり、歩いて行ける場所に病院ができるということ。これも、この高級老人ホームの価値を更に上げそうな予感がします。

その名も「Queenstown Country Club」って、まるでゴルフ場のような名前ですよね。

こんな高級感溢れる家がたくさん立ち並んでいて、中央には、みんなが集えるクラブハウスを建設中。そこには、ダンスホール、ビリヤード、シアタールームなどなどができるみたいですよ。
ニュージーランドでは、みんな高校を卒業すると家を出て、結婚すると家を買う。みたいな人たちが多いようで、実家の両親は「家を子供のために残す」とか、あまり遺産のことを考えずに過ごせるらしく、老夫婦が今まで住んでいた家を売ってここに引っ越してくるというケースが多いようです。もちろん、ニュージーランドにも様々な家庭がありますので、「ニュージーランドは。。。」と一括りにはできませんが、そういう考え方って素敵だと思います。Quality of Life ですね。

まあ、わたしたちは子供もいないし、この老人ホームまで歩いて10分のところに住んでいるわけですから、このままリアイアしても、この家に住み続けることが「セルフ老人ホーム」みたいなもんですね。

さて、ワクチン摂取の副反応が出ないように、今日は静かに過ごしたいと思います。

わたしのベッドを占拠するむぎちゃんとゆきちゃん。
と、むぎちゃんの肉球。
わたしは、この一個離れたところにある肉球が好きです。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA