なんか、昨日発表された、新しい永住権のルールがすごいんですけど!
移民不足による緊急対応なのは理解できますが、内容が甘すぎるんですよ。

・ニュージーランドに3年以上住んでいること
・時給$27以上であること
・Scarce listに載っている職種であること

って、これ3点すべてを満たす人なら分かるんです。
それが、この上記3点のうち1つでも満たせばいいだなんて!!!
そんな人、超たくさんいるよ。

だって、今、外から人が入ってこなくて、どこもかしこも人手不足なんですよ。
だったら、今滞在できるビザを持っている人の永住権を簡単に取れるようにするよりも、今NZに残りたいのに残れない人に、簡単に就労ビザを出すほうが、今NZの経済を維持するためには必要なことなんじゃないかって思うんですけど。。。

別に、移民が足りなくて、永住権を簡単にするのはいいとしても、永住権って一生ものですよ。いきなり緩くしすぎではありませんか?
NZ滞在歴は長いけど、永住権を取るのは難しかった職種の人たちが、コロナで就労ビザの延長ができなくて、たくさん日本に帰国したんですよ。なのに、今になって、3年以上滞在してたら永住権申請できるって。。。なんか、泣く泣く日本に帰国した人たちが可哀想すぎる。やるせないなぁ。

なにはともあれ、ここにきて、今までなんとか就労ビザで繋ぎ続けてNZに滞在し続けた人たちが報われることになったというのは、めでたいことですよね。人生って、何が命運を分けるかわからないものです。コロナでどんなにしんどくても、NZに残っていたら、永住権が待っていた。っていうハッピーエンドな話ですね。

これで、現在NZに滞在中の移民約165,000人ほどが、申請の対象となるようです。

すごいな。
すごすぎる。

本来であれば、今年の10月くらいから、就労ビザ申請のルールが新しくなって、とても厳しくなる予定だったんですが、それが、このコロナ禍で来年中旬頃まで延期になったんですよ。なので、うちの店でも、その前に、必要なスタッフを揃えるために就労ビザの申請を希望するスタッフ、キッチンとホールで1名ずつ雇用したいと考えていました。
そして、現在就労ビザで働いているスタッフが、キッチンとホールに1名ずついて、彼らは永住権申請の準備をしていたところだったのです。

この、新しいルールの元では、現在就労ビザで勤務しているスタッフは二人とも永住権申請が可能になります。つい先日も、英語のテスト(IELTS)を受けて準備を進めていたのですが、それももう必要ないということですよね?
すごすぎる。

今は、年内に就労ビザを申請する2名のビザが無事におりてくれることを願うばかりですが、今のコロナ禍の人手不足では、絶対に就労ビザが必要なんです。
どうか、移民局。簡単に就労ビザを出してください!
今願うのはそれだけです。

わたしが永住権をとった時代も、とても永住権が取りやすくて、何回か就労ビザを更新していると「永住権取りませんか?」と移民局からお誘いのレターが来るような時代だったのです。
それからどんどん永住権は難しくなっていきましたが、まさかこんな簡単に申請できるようになるとは、コロナの恩恵ですね。

朝から、わたしの周りでは、みんなこの話題でざわつきまくってましたよ。
そりゃそうですよね。これは「一時的な措置」とはいえ、ビッグニュースです。
この機会を逃したら、「次はない」っていう人もたくさんいるでしょうから、どうか混乱を巻き起こさずに、すべてが順調に進みますように。

「ごめん寝」をするムギちゃん。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA