ここ一年くらい、まあ、去年のロックダウンの頃から、少しずつ「体調が優れない」ことが日常化して、それで何度か病院に行ったり、鍼に行ったりなどしていましたが、今回のロックダウン中「食物不耐性テスト」が毛髪でできるという広告を見つけたんですよ。
「食物不耐性」というのは、アレルギーみたいに、摂取してすぐに体に拒絶反応が起こるものではなくて、時間をかけて症状が現れ、不調を感じることはあっても、命にかかわるような症状を引き起こすことはなく、例えば、過敏性腸症候群、腹部膨満感、頭痛、片頭痛、疲労感、抑うつ感、体重上昇、不安感、肌荒れなどの症状があるんだとか。

で、わたし、もしかして、なにかいつも好んで摂取している食べ物に対して「不耐性」があるじゃないかと思って、ちょっと調べてみることにしたんです。

これが、値段も安くて、食べ物だけじゃなくて、様々なものに対する「不耐性」(例えば金属とか植物とか)を970項目も検査してくれて、夫婦で$67なんです。
しかも、血液じゃなくて、毛髪を送るだけなので、超簡単。
ロックダウンの初日に、オンラインで申し込んだんです。

それが、待てど暮らせど、検査キットが送られてこず、ロックダウン中だからかな?と思って2週間待ったのですが、それでも何の連絡もないので、問い合わせをしてみたんですよ。
そしたら、いつもの通り、英語だからちゃんと説明を読んでなかった私が悪かったことが発覚!
「髪の毛を採取したら、ジップロックみたいな袋に入れて、申込書を印刷して、貼り付けて、郵送してください」って書いてあったのです!
そう。つまり、検査キットは何も送られてこないって事。結果もメールで届くとのことで、そういった「キット代金」「郵送代金」「結果を印刷して紙で送る代金」などが、一切かからないので、こんなに安いんですね!

で、早速髪の毛を送ったんですが、これまた2週間経っても、何の連絡も来ないんですよ。普通郵便で送った毛髪が、ちゃんと届いているかどうかも不安だったので、また問い合わせをしてみたんです。
そしたら「ロックダウンの影響で、大変混み合っております。順番に検査をしていますので、もうしばらくお待ちください」と連絡がありました。

それから2週間ほど経ってから「毛髪が届きました!」とメールが来て、それから1週間で、検査結果が届きました!

で、その検査結果なんですが。。。
「え?」って思うほどの「食物不耐性」。
物凄い数の食物に「赤マーク」がついてるんですけど!!!

ちなみに、このあと、何ページも続くのですが、「果物」「野菜」「魚」「肉」に関しては、200項目くらいあるのですが、全部OK。なんでも食べられる!
にもかかわらず、この最初のページにある「穀物」「乳製品」ほぼ全滅って、いったい何なんでしょう。
さらに、「大豆製品」「胡麻製品」もダメみたいで、「醤油」「味噌」「豆腐」「納豆」「豆乳」「きな粉」「ごま油」なども全部赤マーク。
一番ショックだったのは、「体に良かれ」と思って食べていたものたちが「不耐性」だったこと。

うーん。どこまで信じたらいいのかも良く分からないけど、一体全体「どのくらいダメ」なんだろう。って
ミルク好きな私としては、毎食牛乳を飲んでいるんですが、実は豆乳も好き。でも、大豆がダメだから豆乳もだめって。え~。そんなぁ~。

なんだかなー。ほんとかな?
値段安かったし、毛髪検査だし、次は血液で調べてもらえるもうちょっと値段の高いのにしてみようかな。。。なんて考えたりして。

今日のジジ

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA