さて、クライストチャーチ3日目。
ほぼ全ての買出しは2日目に終了していたので、今日はほぼフリータイム。
まずは、前日のリベンジで、朝から、大きい市民プール「Jelly Park」へ行くことに。
前日に一日中外出していたことや、寝る時間が遅かったこともあり、朝ちゃんと起きられるか心配していたのですが、ちゃんと目が覚めました。毎朝6時半に猫ちゃんに起こされているので、自動的に早く目覚めるようになっているようです。

プールに行く前に、YAHAGIさんに「朝食にどうぞ」と言われていただいたロールケーキを頂きました。

プールの後は、ラーメンを食べに行くことになっているので、朝食はこのぐらいでちょうど良いのです。

さて、意気揚々と出かけた「Jelly Park」。昨日よりも大きい市民プールなので、きっとSPAもゆったり入れるに違いないと楽しみにしていました。
そして、水着に着替えてプールサイドへ行ってみると。。。なんと!SPAにお湯が入ってない!レベル2の間は、SPAとサウナは営業中止との張り紙が。。。。

水着に着替えてプールサイドまで行って「SPAお休み」と分かった時のこのショック!まだ昨日のほうが良かったってこと!一度に4人まで、1人5分まで、って、相当厳しいな。と思っていたのですが、まさかのSPAやってないって。。。う〜ん。クィーンズタウンは10人も入れるのに。。。ってことは、わざわざ旅先で行かないで、クィーンズタウン でSPA行けばいいじゃん。って話ですよ。
朝から本当にガッカリ。もう他のプールへ行く気も起きず、目的のラーメン屋さんが開くまで、リカトンモールで時間を潰したのでした。

そして、11時半。リカトンモールからごく近いところにあるラーメン屋さん「Fumetan Ramen」へ!

ここは、わたしがワーホリ時代からよく行っていたアジアンエリアで、入居しているお店のほとんどがアジア系のレストランなんですよ。ここにラーメン屋さんを出したのは正解かも。やっぱりメインのお客さんはアジア人ですからね。このサイズのお店だったら、ターゲットを絞ってやって十分だと思います。

そして、このお店のオーナーさんは、オークランドの「タンポポ」と言うお店で働いていた方なんですよ。わたしたちはタンポポにはよく行っていたので、今回このお店でラーメンを食べることをとても楽しみにしていました。
実際に行った人の話を聞くと、「家系ラーメンで濃厚な豚骨スープ」とのことでしたので、ダンナの好きなタイプのやつです。でも、同世代の人たちからは「最近、年齢的に濃いのはちょっと胃がしんどい」と言う感想もちらほら聞かれ、そう言う人たちは、「ラーメン都」に行くようでした。本当は両方行きたかったのですが、今回はスケジュール的にランチが2回しか食べられないので、一回は飲茶、一回はラーメンで、まずは「Fumetan Ramen」に行ってみることにしたのです。

そもそも、このお店は店名からして謎が多い。まずはこの看板を見たら「Ramen x Music」って店名?って思いますよね。でもよくみると、右下に小さく「Fumetan」って書いてあるんですよ。「あ、こっちが店名か?」と思うわけですが、次の疑問は「Fumetan」ってなんだ?って。やっぱり、ラーメン屋さんの名前って、例えばオークランドだったら「タンポポ」「麺達」「タカラ」「一番」「だるま」「丸天」などなど、どこから見ても「日本名」がついているわけですよ。そこに来て「Fumetan」ってなんだ?と謎に思うのも仕方がありません。日本語かどうかすら分からず、最初は「タンメン」からくる造語か?とも想像しました。そしたら、どうも、この名前は、店主の奥様の名前からつけたそうで、奥様はフミエさんとでもおっしゃるのでしょうか?なんと愛妻家なのでしょう!とまあ、そんなわけで、この店名からだけでも、行く前から色々な想像が広がり、実際に訪問するのを楽しみにしていたのです。

そして、実際に行ってみると、奥様らしき方がホールを担当し、キッチンはご主人がお一人で、ご夫婦二人で営業されているようでした。うらやましい。うちも、誰も雇わずに、夫婦二人でできるサイズの店をやりたかった。。。
さて、メニューですが、ラーメンは、豚骨醤油、豚骨味噌、醤油の3種類。あとは、つけ麺が豚骨醤油か豚骨味噌の2種類。タンポポは、ものすごくメニューが豊富だったので、このシンプルさには驚きましたが、でも、一人でやるには、手広くやるよりも、メニューを限定して、クオリティとスピードを上げる方が大事だと思いますので、これは正解ですよね。でも、チャーハンも餃子もないのは少し寂しいところですね。ランチタイムは、無料で白米が注文できるのは男性には嬉しいサービスですが、さすがに女性では「ラーメンライス」って注文はあまりしないかな。チャーハンなら頼むけど。。。って、ライスよりチャーハンの方がカロリー高いか(笑)

わたしは元々つけ麺が好きなので、メニューにつけ麺があると、つい注文しちゃうんですよね。それが今回は、こんなにメニューが限定されているところにつけ麺があったもんだから、迷わず注文してしまいました。

わたしは、つけ麺の「豚骨醤油」の方を注文したのですが、通常の豚骨醤油スープに加えて魚介の出汁が効いていて、とてもおいしかったです!もちろん、熱麺と冷麺が選べます。チャーシューも煮卵も、両方美味しかったです。

続きまして、ダンナは豚骨醤油。噂通りの濃厚具合です。
これは絶対に美味しいだろ。

当然とも言うべきか、替え玉を注文。
でも、その時にはお店はもう満席で大忙し。替え玉を注文したのですが、なかなか出て来ません。奥様が気を使って、ラーメンどんぶりを一度下げて、スープを温め直してくれました。
次回は初めから替え玉を注文しようと思います。

そんな感じで、美味しいラーメンに満足した私たちですが、ここで一旦ホテルに戻ることに。と言うのも、日本人の保険ブローカーの方と会う約束をしていたのです。元々、私たちがクライストチャーチに住んでいた頃からお世話になっていたのですが、今回クライストチャーチに行くと言うことで、保険の見直しをお願いしていたのです。

予定していた来客なので、昨日YAHAGIでケーキを購入していました。

3人で美味しいケーキを食べながらお茶を飲んで、昔話に花が咲き、最近の話などでも盛り上がり、2時間ほどのミーティングでしたが、保険の話をしたのは30分くらいだったかも(笑)
彼の話によると、やっぱりクライストチャーチの人たちって、10年前の地震を経験しているから、メンタルが強くて、今回のコロナのロックダウンでも、「住むところもあれば、Wage Subsidy もある」みたいな感じで、とっても気楽なんですって。まさに私たちとおなじ!
だって、クライストチャーチの地震の時は、住む所もなければ、仕事もなければ、Wage Subsidy だってなくて、ロックダウンのように「終われば元の生活に戻れる」と言う展望もなく、全てを失ってゼロからやり直すしかなかったんですよ。それに比べたら、コロナのロックダウンは精神的にずっとラクなんです。
そりゃ経営は厳しいし、本当に金銭的にはとてもしんどいのですが、あの地震の時の、「家にも入れない。店にも入れない。→結果取り壊し」って言う、あの全てを失う感じは、今回のコロナのロックダウンにはないんですよね。

家は立ち入り禁止
店も立ち入り禁止
店の中ぐちゃぐちゃ

ここから再起したんですから、そりゃメンタルも強くなるわ。

とまあそんな感じで、やっぱりクライストチャーチの人と再会すると、いつでも話が盛り上がってしまうのは、同じ経験をしているからなんだと思います。

今回宿泊したのは「Quest Serviced Aparmtment」と言うところで、前回のオークランド滞在の時も利用したのですが、1Bedroomのホテルで便利なのです。Studio だと、寝室とリビングが一体になっているので、なんだか落ち着かないんですよね。寝室が別にあると、そこにスーツケースを広げて、リビングは広々と使えるので、今回のように、ゲストを呼ぶこともできて使い勝手が良いのです。

そして、このQuest って、大体どの街でも、中心部にあるので、アクセスも便利。クライストチャーチでは、トラムステーションの上にあるんです。

ここの一階には、友達が経営している「SAKIMOTO」と言う日本食レストランがあって、ランチタイムは営業していないので、夜ちょっと顔を出そうと思っていたんです。これは近くて便利!

保険のミーティングが13時からだったので、終了したのは15時。
ディナーの予約が19時からだったので、ちょっと買い残したものを探しに出かけたり、街ブラしたりして過ごしました。

オックスフォードテラスは、オークランドのバイアダクトのような高級そうなビルが立ち並び、お金持ちそうな人たちがたくさんいました。

なんか、建設中のレストランの入口には、すごいものが置いてありましたよ。アジア系の店ができるんですかね?

ここ、何を売っているのか全然分からない店なんですけど、「富江」ってヤバくないですか?著作権大丈夫か?

まあ、そんなこんなで、街をブラっとして、宿に一度帰って、ディナーへ行く支度をしたのでした。

(つづく)

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+5

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA