さて、去年も今頃だったなぁ。Marine Police が抜き打ち検査にやって来たのは。
NZは、海産物の保護に対するルールがとても厳しくて、漁師が獲った魚介類じゃないと、レストランなどで販売してはいけないのです。
つまり、自分で釣った魚や獲った魚介類を自分で楽しむ分にはいいけれど、商用目的でレストランで使ってはいけないということです。

いつも大体15時頃にやって来るのですが、昨日は17時でエントランスを開けた途端に制服を着た警察官が3人もやってきて(しかもみんな大きい)、17時の予約のお客さんたちも「なにがあったんだ!」とビックリ。

お客さんにはMarine Police が、わたしたちがレストランで使っている魚介類が、正規のルートから仕入れられたものかどうか抜き打ち検査に来ているんですよ。と説明しました。

2人の警察官が、冷蔵庫と冷凍庫をくまなくチェック。それらをリストにして、購入した請求書(レシート)を提出するように求められました。
毎回3人で来るんだけど、こんなに大人数で来る必要あるんだろうか。ウチの店は、ウォークイン冷蔵庫とウォークイン冷凍庫があるので、けっこうキッチンも広いですが、小さい店だったら、あんなに大きい人が3人も来たら、キッチンはいれないんじゃないか。。。

前回は、前のブログにも書きましたが、冷凍庫に購入履歴のないアワビが入っていて大問題に。コロナで閉めたレストランからもらったものだったんですが、ウチの店が購入した履歴がないので、横流し品かもしれないということで、そういうのもアウト。「今日中に家に持って帰って食べなさい。業務用冷蔵庫に入れておいては行けません」と厳重注意をもらい、家に持って帰って食べたんです

まあ、今年はそんなこともなく、無事に終了するはずだったのですが、今年もまた問題が発生!それは、冷蔵庫にPak’n Save で購入した鯛が入っていたのです!
業者から購入したものは、すべてEmail で請求書が来ているので提出できたのですが、スーパーで購入した鯛のレシートがない!!!

ってことで、今日は朝からPak’n Save に行って、レシートの再発行依頼。
あんな一日に何千人も使うような巨大スーパーでも、きちんと管理していて、無事にレシートの再発行をしてもらうことができました。
はーーーーー。よかった。。。。。

なんにも悪い事してないんだから、焦ることはないのですが、それでもやっぱり、制服を着た警察官が3人もやってくると、ちょっとビビりますよね。小市民ですから。。。

昨日は、またダンナがオンラインで購入したなんかが届いたんですよ。
新しい猫ちゃんの遊び場を作るための道具らしい。

なんだこれは?
なんか、平行と垂直のラインをLEDライトで壁に照らし出す道具らしい。

こんな感じ?
まっすぐに額を飾りたい時とかにも使えそうだけど、またなにか新しいプロジェクトが始まりそうです。

可愛いキミたちのためなら、ダンナはお金も時間も労力も惜しまないんですよ!



にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA