実は、わたし、ずっと考えていたことがありました。
普段まったく運動はしていないけれど、立ち仕事だし、割と身軽だし、若い頃から運動神経は良い方だったし、数年前にはタラナキ山にも登ったし、なんか「わたしは大丈夫」と思っていたのです。
それが、昨年、ベンロモンドへの挑戦に失敗してから、自分の体力の衰えにビビり、明らかに私よりも運動をしていない、しかもちょっと体の大きい友人が、ベンロモンドに登頂した写真を見せてくれた時には、ほんと、ちょっと大きなショックを受けました。わたし、ダメ過ぎない???

いつまでも若い時のようにはいかないんだから、ちゃんと運動して、体を鍛えないと。ムキムキになる必要はないけれど、適度な運動は健康の要でもあります。

というわけで、ジムに通おうとしたけど、トライアルに2週間行っただけで結構満足してしまい、今は、家で、フォームローラーを使って筋膜リリースをしたり、リンパ流しマッサージをしたりなどして、勝手に「エクササイズをしている」気になっている今日この頃。

そんなわたしですが、小さいころから自転車に乗るのが好きで、疲れずに遠くに行けるし、なんせ歩くよりも早く目的地に着けるので、せっかちなわたしは、めちゃくちゃ近場でも自転車に乗って出かけていました。
例えば、わたし、子供のころにマンモス団地に住んでいたのですが、同じ団地の下の階の友達の家に遊びに行くのに自転車で行っていたくらいなんです。家からエレベーターホールまでの距離だけ自転車に乗るってことですよ。そんな子供います?そのくらい歩くよりも自転車が好きでした。(早いから)

それで、タラナキ山に行ったとき、二日目はニュープリマスの町で自転車をレンタルして、半日サイクリングをしたんですよ。そしたら、山登りの次の日で全身筋肉痛だったにもかかわらず、自転車がとってもラクチンで楽しくて、自転車が好きだったことを急に思い出したんです。しかも、街のサイクリングコースなので、上りも下りもなくて、海沿いとか公園の中とか、ただただ走る気持ちの良いコースだったんです。

それ以来、「自転車のトレイル行きたいなぁ」ってずっと思っていたんですが、そういうコースって、山あり谷ありだったりして、わたしのような「街乗り専門」の人間が挑戦できるシロモノではないんですよね。

そんな時、ともだちが、「新しくできた自転車のトレイル行ってきました!」って写真をたくさんFacebook に載せていたんですよ。それ見てたら、俄然「わたしも行きたい!」と思ってしまって、そのトレイルについて調べていたんです。

そしたら、全長42kmのトレイルで、内580メートルがのぼり。アップダウンがある上に、42kmって結構だな。フルマラソンと同じ距離。しかも山道。
「行きたいなぁ」と思い描いてはいましたが、もう夢の世界。ベンロモンドでの挫折が私の中に深く深く根ざしており、途中で引き返せない42kmのコースはきっと無理でしょう。
なんて言ったって、この自転車トレイルに行った友達は、普段からマラソン大会に出場して常に上位入賞するダンナさんと、その練習について自転車に乗って一緒に走っている夫婦。そんな夫婦だからこそ楽しめたコースだったんじゃないかと思うんですよね。

そんな時、SNSで「電動自転車売ります」というのを見つけたんですよ。そしたら、その自転車が、友達が自転車トレイルで乗っていた自転車とそっくりだったので、「もしかして」と思って、友達の写真をもう一度見返してみると、なんと!まったく同じ自転車だった!!!ということはつまり、普通の自転車じゃなくて、電動自転車だったってこと???なんか、突然わたしに未来が切り開けた気がしました。

その話をダンナにしたら、その数日後、ダンナが、トレイルに行った友達のダンナさんと偶然スーパーで会ったらしく、トレイルの話を聞いてくれたんですよ。そしたらやっぱり電動自転車だったことが分かり、しかもレンタルで、スタート地点で落として、ゴール地点で拾ってくれるんですって。こりゃいいぞ。
こうして「自転車トレイル」が、俄然現実的になってきたのでした。

でも、心配性のわたしは、「電動自転車がどのくらい坂道を助けてくれるのか」について、めっちゃ調べたんですよ。そしたら、電動自転車にも、街乗り用と、アウトドア用があるんですね。もちろん、レンタルするのはアウトドア用なので、それなら結構大丈夫そうな気がしてきました。

で、ダンナが「ご近所のI子さん夫婦を誘ってみようよ」って言うんです。私は、人に迷惑をかけたくないので、ダンナとふたりで行きたいと思っていました。でも、なんかの話題の時に、偶然自転車トレイルの話になって、「一緒に行こう!」ってなったんですよね。
そこから、話はトントン拍子に進みまして、明日、自転車トレイルへ行くことになりました!
電動自転車を借りられる会社を調べたり、問い合わせたりなどの手配はI子さんがすべてやってくれて、当日は車も出してくれるということで、言い出しっぺのわたしは何もしていないんですが、まあとにかく、人と一緒に行くということに不安がいっぱい。迷惑かけちゃいけないと思うじゃないですか。

基本的に、わたしたち夫婦って、他の人と一緒になにかをするってこと、あまりないんですよ。二人の方が自由もきくしラクだから。今回突然誰かと日帰りでアクティビティに参加するという、ほぼ前代未聞のイベントで、緊張しております。そういったことに慣れているI子さん夫婦に身を委ね、わたしは42kmを無事完走することだけを考えたいと思います。

一応ママチャリで、今週先週と2週連続近所をサイクリングして足慣らし。
絶対に坂は上らないし下らない。ただたらひたすら平らな道を1時間走るコース。全然疲れません。
でも、お尻が痛くなるのと、ハンドルを握り続けるのに手袋もあったらいいな。。。と、たった1時間のサイクリングですら思ったので、これは、当日までにちゃんと対策をしようと思っています。
どうか、電動自転車の力で、42kmのコースも楽しく走れますように!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA