さて、ランチ休憩を終えて、難関である山道を見上げるわたしたち。

でも、ここまでの道のり、多少ののぼりは電動自転車のおかげでへっちゃらだったので、こんな急な山道も、ちょっと頑張れば電動自転車がなんとかしてくれると思っていました。

ところが。。。電動自転車のアシストの恩恵を受けるためには、踏み込まないといけないわけですが、とにかく急斜面なので、この「踏み込み」が普通に上り坂での踏み込みと同じパワーが必要なんですよ。もちろん、一度踏み込めばアシストが入りラクに登れるんですが、「上り坂での踏み込み」というのは、パワーもいるし、体力も消耗します。しかも、くねくねの山道では急カーブも多く、カーブを曲がるために減速したりすると踏み込めなくなってしまったり、そうなると、一度止まってしまった自転車を急な坂道で再発進させるのは至難の業。。。というわけで、まるで苦行のような「心臓破りの坂」となったのでした。ただ、ほかの人たちは、大変とはいえスムーズに登って行っていたので、ここはもうわたしの体力と脚力と持久力のなさが歴然となる場面となりました。

さらに、登り切ったら、今度は下るわけですが、くだりも急なもんで、かなりスピードが出るんですよ。これまたクネクネだったりするもんで、わたしはスピードが出すぎることを恐れてブレーキを相当使いながらくだっていたんです。そんなわけで、登りで相当引き離されていたのに、頂上で合流したあとに、くだりでまた引き離されるっていう。。。

ほんと、一緒に行ってくれた人たちには、迷惑をかけたと思っています。そして、一番うしろでわたしのスピードに合わせて走ってくれていたダンナ。きっとみんなと同じスピードで登ったり下りたりしたかったはずです。やっぱりみんなに迷惑をかける結果となってしまい、自己嫌悪。

とはいえ、死にそうになりながらも、わたしもここまではまだ元気だったんですよ。このあとの橋も楽しく渡りました。

そう。問題はここからでした。
このコースを見ると、もうひとつ大きな山が待ち構えています。ランチ後にはまだ気力も体力も残っていたので、最初の一番大きな山は何とか越えられたんです。でも、問題は、ここに来るまでにすべての気力と体力を使い切ってしまったあとの山越えだったんです。

このMAPを見ると、山越えのあとの橋は25km地点。このあと小さな山を越えて、そのあとにまた1つ目よりは小さいですが、もう1つの山が29km地点にあるのです。これって、フィギュアスケートでも、後半にスピンをすると高得点になるのと同じで、後半にこの山は本当に大変なことなんですよ!

正直、この29km 地点からの山はほぼ記憶にないくらいの精神状態になっていました。もう半分死んだゾンビのような状態でこの山頂を迎えました。

これはカラ元気状態のわたし。もう極限状態です。

そして、この山を下りきったところで、もはや立つ気力もないわたし。
他の人たちは、立ったまま休憩していましたが、わたしはもう座り込んで動けませんでした。この時点で脈拍145で、ここの休憩を終了してまた出発する時点で脈拍125までしか落ちず、全然復活できませんでした。

でも、幸い、この先はほぼ下りか平坦な道で、わたしの残されたわずかな体力でも進むことができました。もう1つ山があったらもう完全にアウトでしたね。「どうぞわたしを置いて行ってください」と喉元まで出ていました。

そして、ほぼゴールも近づいてきたところに小さなビーチが。(川だけど)
Kiwiたちはすぐに海にじゃぼーん!すごい!真似できない。

わたしはもう、こんなですよ。

最初のころはこんなに元気だったのになぁ。

まあ42km はちょっとわたしには長かったな。ってのが結論。
楽しかったけど、途中苦しすぎました。

終点のクライドで、ピックアップの時間までみんなで一杯飲みましたが、わたしは完全に目がうつろです。

このあと、クィーンズタウンまで戻ってきて、みんなでピザを食べて一杯飲んでから解散となりました!

この頃には、わたしもやっと元気を取り戻しましたよ。

まあとにかく、みんなとても楽しかってみたいで、誘ったわたしは嬉しかったですが、その当の本人のわたしがグロッキーになるっていう。。。

解散したのは18時半。集合が9時だったので、朝早すぎず、帰りも遅くなりすぎず、晩御飯も食べてこの時間に帰れたら、ほんととっても有意義な無理のない日帰り旅行だったのではないでしょうか。ちなみに、自転車一日レンタル+お尻パッド+送迎で一人$150でした!

そして家に帰ると、お昼寝してたらしい眠そうなムギちゃんがお出迎えしてくれましたが、ほかの子たちはいないみたい。まだ早い時間なので、きっとまだ外で遊んでいるのでしょう。

と思ったら、ドアをノックする音が!誰だろう。こんな時間に宅配便とか?
と思ってドア開けるとI子さんが!

なんと、ユキちゃんと一緒!!!

I子さんが家に帰ると、ユキちゃんがいたんですって!信じられない!
ユキちゃん、I子さんちで、わたしが帰ってくるのずっと待ってたのかなぁ。ムギはさっさと一人で家に帰って来てしまったに違いありません。ユキちゃんは、5軒隣でも一人ではそんな遠出はしたことないから(3軒隣まで)、やっぱり一度家に連れて帰ってあげたらよかったですね。けなげなユキちゃん。ごめんね~。でも迷子にならずに、無事にI子さんちで待っててくれて良かった!

さっそくお肉にがっつくユキちゃん。

まだ時間は早かったけど、わたしは疲れ果ててそのままソファで寝てしまい、夜目が覚めてお風呂に入って疲れを癒してから再びベッドで眠りました。
朝起きると、恐れていた筋肉痛にはなっておらず、意外でしたが、これはあさってやってくるかもしれません。。。

今回の自転車トレイルの様子をYoutubeにまとめましたので、興味のある方はぜひ見てみてください!
自転車のハンドルのところについているドリンクフォルダーに携帯を差して動画を撮影しているので、結構臨場感あります。っていうか、わたしがいかにフラフラ運転していたのかがバレる動画です(笑)
そして、わたしがゾンビ状態になっていた後半戦はもう動画を撮る余裕もなく、橋を最後にあとは写真でつないで、次はもうゴールです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA