今週は、日月火と3連休だったので、普段日月お休みで行くことができないレストランへ行こうと思い、今回は、アロータウンにある「La Rumbla」に行ってきました!
このレストランは、Tripadvisor でもアロータウンのダントツ一位に君臨するタパスレストランで、地元の割と裕福な方たちに愛されているんです。なので、コロナ禍でも結構忙しくて、昨日も、予約が16時半か20時半しか空いてなかったんです!

ということで、ちょっと遅めではありますが、20時半に予約をして行ってきました!平日とはいえ、なんと閑散としているのでしょうか。20時半ですよ。

でも、お店に入るとほぼ満席で、客層はと言えば、アロータウンの60+くらいの年代の方たちでたいへん賑わっておりました。アロータウンって、こういう感じのお金持ちの60+の方たちがとっても多いんですよね。
たぶん、わたしたちが最年少、そして唯一のアジア人でした。
お店の中は、とっても暗くて雰囲気あるんですが、こんなに暗くてみんなメニューが読めるのか心配してしまいます。。。

さて、ここは、スペインのタパスレストランなので、メニューは全部シェアをするというスタイル。
前菜もメインもなく、前菜っぽいナマモノとかの料理でも、メインっぽい肉料理でも、みんな同じくらいのポーションで出て来て、「わたし、前菜でこれ、メインでこれ」という、うちの店でも大変悩ましい、みんなバラバラで注文する。ってことができない店なんですよ。ま、うちの店でも「ウチの店はタパススタイルなので、みなさんでシェアして召し上がってください」って最初に説明したって、全然無視して一人一品で注文する人の多い事よ。特に、年配の方たちは、シェアする習慣があまりないので、ほんと難しいんです。こんなに年配の人ばかりが来る店で、このスタイルをどうやって貫いているんだろうか。一人一品で注文されても「できた順にサーブしますので、どうぞシェアしてお召し上がりください」って笑顔で言うんだろうか。

というわけで、料理は、前菜として、ブルーコッドのセビーチェを注文。

次にシーフードの料理。スペイン語が分からんかったんでシーフード料理だと思って注文したら、パスタが出てきてビックリ。携帯で調べると「Seafood Fideos」の「Fideos」って、「細麵」という意味だった!
和食でも、たまに「Sashimi」を注文して「ナマモノ食べれない」とか言う人もいるんですよ。それで、「Sashimi」のところには「Sliced raw fish」って説明つけるようにしたんです。

で、あとは、メインとして、ビーフステーキとラムラックを注文しました。

どれも美味しかったです!
さすが、アロータウンで一位の人気店!
やっぱり、その店の本当に実力って、注文した料理が美味しいのは当たり前で、「付け合わせ」がどれだけ美味しいかっていうのがポイントだと思うんですよ。たまに、なんの料理を注文しても、同じ付け合わせが付いてくる店ってあるじゃないですか?定食屋ならそれでいいけれど、レストランであれば、その料理ごとにその料理のために作った「付け合わせ」が付いてくるのって、とっても重要で、しかも、それが美味しいと、「予期せぬ美味しさ」に出会えることで、その料理のレベルがぐーーんと上がるんですよね。
久しぶりに気持ちよくチップを置いてくることができました。

さて、今日は3日ぶりの仕事!
と思って出勤したら、下の階の靴屋の工事が始まってました。

天井と床全部はがして、今週いっぱいは休業するそうです。そりゃそうだ。
うちは、個室はこれと同じ状態ですが、レストラン側が営業できるので、普通にお店は開けていますが、やっぱり個室が使えない損害はとても大きいです。どうか保険会社が、部分的な営業補償を認めてくれることを願います!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA