ムギがいなくなって、ひとりぼっちで寂しい思いをしているユキのために、新たに我が家にやってきたチビすけちゃんは、結局「メイちゃん」と命名されました。

メイちゃんのの口はいつも一文字で凛々しい。

そして、そのメイちゃんが、あまりにやんちゃで、みんなのことを追いかけまわして逃げられるという始末で、今度はメイちゃんがひとりポツンとなってしまったのです。

そこで、苦渋の決断ですが、メイちゃんの遊び相手に、もう一匹仔猫をトライアルでお迎えしてみることにしたのです。
やっぱり、ムギユキのように、2人で追いかけっこして遊んでもらえたら、他の猫ちゃんたちは平和に暮らすことができて、メイちゃんにもお友達ができて一石二鳥。うちは、4匹か5匹になったところで、たいして変わりません。

というわけで、保護猫団体のCatteryに行ってきたんです。

じっとこちらを見つめる4猫たち。
ジジにそっくりの子も~!
む、む、むぎ~~~~~!!!

なんと、ムギちゃんにそっくりの子が2匹も!!!!
わたしもダンナも「むぎ~。むぎ~。」と言って、茶トラちゃんたちをねでまわしました。もう、本当に、ムギが生きて帰って来たかのようにムギにそっくりなんです!
でも、わたしたちは、このムギにそっくりな子をもらうことは考えませんでした。なぜなら、この子が我が家に来たら、この子は「ムギの代わり」という立場になってしまって、この子ではなくて、ムギとして可愛がられることになってしまうことが、容易に想像できたからです。このムギにそっくりな子をもらうことは、ムギにも、この子にも、してはいけないことのように感じてしまいました。

ムギが2匹

で、どの子をおうちに連れて帰ることになったかと言うと、ムギ2匹の後ろに移っている2匹の黒猫ちゃん。どちらか片方を選ぶのは本当に悩みましたが、ピンクと黄色の首輪の子のうち、黄色い首輪の子にしました。この2匹は、実は我が家のメイちゃんと姉妹なんですって。一緒に保護さて、一緒にここで育ったんです。それなら、きっとメイちゃんともすぐに仲良くなってくれるに違いありません。

人間を警戒していて、ベッドの下からまったく出てこないチビくろちゃん。これは、3日目にして、唯一ベッドの上に上がって来てくれた貴重な1枚です。
メイちゃんは「ひ~ひ~」と、とてもか弱げに鳴くのですが、この子は、まるで地獄からのうめき声の様な低い声で「にゃ~ご。にゃ~ご。」と鳴くのです。あまりに可愛くない鳴き声にびっくり!(笑)

個室に隔離していたのですが、あまりにもすごい声で鳴くので、ドアを開けてあげようと部屋に近づくと、瞬く間にベッドの下に移動。いったい何を訴えかけているのか、まったくわかりません。でも、ごはんも食べて、ミルクものんで、たくさんトイレもして、元気に過ごしてくれています。

昨日、メイちゃんを、チビくろちゃんを隔離している部屋に投入してみたのですが、感動の姉妹再会とはならず、めっちゃ威嚇してました。でも、この2匹が仲良くなるためのトライアルですので、しばらく2人にしてみようと思っています。

夜は、チビくろちゃんを部屋の外に出してみたのですが、人間には近づかないものの、好奇心は旺盛。さっそく壁面キャットタワーで遊んでいました。

メイちゃんがチビくろちゃんに猫パンチを繰り出している写真(笑)
近づくと逃げるので、携帯カメラを望遠にして撮影しているため、画像が悪い!

というわけで、まあ、なんとなく、メイちゃんとの距離は近づいていますが、人間との距離はまったく縮まず、なんと、いまだかつて、ただの一度も、抱っこどころか、触る事すらできていないのです。。。。寂しすぎる。。。

まあ、ユキも、我が家に初めて来た頃は、ベッドの下から全く出てこない子だったので、そのうち慣れるとは思うんですが、一度も触れないって。。。こんなにキャットウォークで自由気ままに遊んでいるのに、人間にはなかなか心を開いてくれないようです。

そんなユキも、今では、我が家で一番の甘えん坊さんですが、もうわたしにベッタリ。毎晩わたしの上に乗って来て、幸せそうな顔をしています。

で、最近だいぶ重たいけれど、可愛いからいいんですよ。
でも、ユキは、ヨダレがもうすごくて、私の顔を見下ろしながら、ヨダレがボタボタ垂れてくるんです。わたし、そんなに美味しそう?本当に食べられちゃいそうなくらいのヨダレの量なんですよ。ボタボタ垂れるってすごくないですか?
「お願いだから顔の上はやめて~~~!」言ってよけているんですが、寝心地のいい体勢を探すのにぐるぐる回って、結局、体の上よりも布団の上の方が寝心地がいいということに気が付いて、しばらくすると布団の上に移動していくんです。その間、ヨダレまみれにされたわたしのTシャツ。

お風呂上りなのに、新しいのに着替えましたよ。Tシャツの上だけでこれだけ落ちてますからね。それ以外に落ちたヨダレの量を考えたら、ほんと最近、ユキが、ヨダレが過剰に出過ぎる病気を患っているのではないかと心配するほどです。まあでも、幸せで口元がゆるんでヨダレを垂らしているんだったら、本当に幸せな猫と飼い主ですよね。

アタチ、しあわせ💕

最近、短足デブ子に磨きがかかってきているユキちゃんの雄姿。

もはやなんの動物だかよくわからない姿のメイちゃん。

なにはともあれ、今までは4匹いたけれど、虎(1)ジジ(1)ユキムギ(2)という構成だったのが、メイちゃんが加わったら、
虎(1)ジジ(1)ユキ(1)メイちゃん(1)となってしまい、4匹の個別の猫ちゃん状態。なんとかメイちゃんを(2)にしたくてやってきたチビくろちゃん。 2週間のトライアルで、虎(1)ジジ(1)ユキ(1)メイちゃんチビくろちゃん(2) とならない限りは、チビくろちゃんは保護猫団体に送り返されてしまう運命が待っています。なんとか2週間で、「メイちゃんチビくろちゃん」で1セットになってくれることを願っています!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+4

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA