朝(昼)起きて、とりあえず電気と水を確認すると、
両方とも戻ってきていました。
お店に行って冷凍庫をあけると、アイスクリームも無事だったので安心しました。
電気も水も戻ってきているので、営業も可能です。
土曜日ですから、店を閉めるとなると、大きな損害です。

↑ 信号が壊れているので通行止めだと思っていました。まさかこの先が大変なことになっているとは。。。

地震のため、水が濁っています。

昨日気づかなかった天井のヒビ。でもペンキがはげただけでした。

天気もよかったので、街を散策がてら、お友達のキンジさんのお店に行ってみることにしました。
コロンボストリートは通行止めになっているので、お店もしまっていて、
とても静かで、まるで日本のお正月の商店街のようでした。

しばらく歩くと、このまえ移転してきたばかりのR&Rスポーツが半壊しているのを発見

そして、キンジの無事は確認しましたが、キンジの並びの店の2階が崩落していました。

きんじをのぞいて見ると、キッチンではすでに夜の仕込みが始まっていました。
私たちも、店に戻って、OPEN準備をはじめなければいけません。

早速、店に戻り、今日予約がはいっている人たちに
「今日はお店を営業します」と電話をすることにしました。
ところが、10件ほどはいっていた予約が、
誰一人として電話にでてくれないのです。
でもこのときは「みんな地震であわただしいのかな」程度にしか思っていませんでした。

そして、通常通り、店をOPENする予定でいたのですが、
スタッフから次々と「街の中に入れないので出勤できない」と電話がかかってきて、
だんだん思っているよりも大変なことになっていることがわかってきました。

この日、営業をあきらめ、家に帰り、
はじめてニュースを見て、被害の状況がやっとわかりました。
うちは、TVはNHKしか見ないので、電気が戻った後も、
「日本のニュースでもやるかな」とNHKを見ていたので、
実際の被害の状況をまったくわかっていなかったのです。

たまたま私の家のまわりでは被害が少なかっただけで、
実は、日中でも、街中へは立ち入り禁止の通達が出されていたのです。
どうりで人が歩いていなかったはずです。
街中は、古い建物がおおいため、崩落の危険があり、
私たちの知らない間に、危険地帯に指定されていたようでした。

そして、夜の7時~朝の7時は、夜間外出禁止令が出されました。
というのも、まだ余震があり、建物がさらに崩壊する危険があるということと、
災害に乗じた、略奪や暴動を防ぐためということでした。
もうお店の営業どころではありません。
いくらお店が無傷で、水や電気がきているからといっても、
街の状況がそれを許さなかったのです。

それにしても、普段ニュースをまったくみないので、
立ち入り禁止区域や、外出禁止情報など、まったく知らぬまま
お店を営業する準備をいそいそと進めていたなんで、本当に笑い話です。
これからは、もっとニュースを見なくちゃ!と反省しきりです。

この日は家でずっとニュースを見て、
地震でどのような被害が起きているのか知り、
明日からどうしていこうか、じっくりと考える日となりました。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA