自己紹介

生まれも育ちも東京都新宿区。
中学から大学まで10年間女子校育ち。
大学時代から3つのアルバイトを掛け持ちし、趣味は仕事。
大学卒業後、外食産業、旅行会社、ホテルなどで経験を積み、
2001年にワーキングホリデーでニュージーランドに渡航。
クライストチャーチのお土産屋さんで働いたのち、
2003年         留学エージェントに就職。
2005年         永住権取得
2007年6月    現在の夫と結婚し、
2007年11月  巽ジャパーニーズレストランをOPEN。
2011年2月   クライストチャーチ大震災にて被災し、
2011年6月   オークランドに引っ越し、
2011年10月  TATSUMI Modern Japanese Cuisine をOPEN。
2017年12月 プライベートな時間を充実させるため、お店を閉店
2018年3月     クィーンズタウンへ引っ越し。
2018年5月   TATSUMI Modern Japanse Dining をOPEN

50歳までにセミリタイアを目指し、日々奮闘中。

以前、「WEB版 ニュージーランドの歩き方」に、コラムを寄稿させていただいたことがありまして、そちらをお読みいただくと、私がNZに来たきっかけから、オークランドでTATSUMIをオープンすることになった経緯まで、詳しく書いてありますので、よろしかったらどうぞ。

第1回 「もうワンステップ上を目指すためにニュージーランドへ」

クライストチャーチで始めたNZライフ コラム第一回の今回は、私がNZに渡航したきっかけをご紹介します。 私は、何故だか「制服を着る仕事」に憧れていて、学生時代は4年間ホテルでアルバイトをし、就職先としても、ホテルを希望し...

第2回 「ニュージーランドに滞在するために必要なのは就労ビザ」

私を育ててくれた企業との出会い ニュージーランドに長く滞在するためには、就労ビザか学生ビザを取得するしかありません。 本当は、ホスピタリティコースに進み、学生ビザを取得したかったのですが、資金的に難しく、残された道は就労...

第3回 「スキー三昧の暮らしのために、ニュージーランドへ」

クィーンズタウンで始めたNZライフ 主人は、シェフになって20年ほどになりますが、日本の調理師の世界はそれは厳しく、下っ端の頃は当然のように朝から晩まで休みなく働き、店を任されるようになれば、それはそれで朝から晩まで働き...
厳島神社 挙式

第4回「結婚式はやはり日本で」

世界遺産の厳島神社で純和風の挙式 プロポーズをされたからといって、すぐに結婚したわけではありませんが、なんせ、主人はクィーンズタウン、私はクライストチャーチでそれぞれ仕事をしています。結婚したら、私がクィーンズタウンに行...

第5回 「予期せず、日本食レストランオーナーに。」

クライストチャーチで、「TATSUMI 巽 Japanese kitchen & pub」をOPEN 日本で結婚式を挙げてニュージーランドに戻ると、主人には大変なことが待ち受けていました。 帰国から一週間後に、ク...
クライストチャーチ 巽 改装

第6回 「3年間走り続けた先に待っていたものは。。。」

いつの間にか、すっかりレストランオーナーに。 最初から「契約は1年4ヶ月しか残っていない」と分かった状態でレストランをスタートしましたので、私たちは、お店を始めて一年で、「続けるか辞めるか」を決断しなければいけませんでし...

第7回「突然奪われた日常」

2011年2月22日 クライストチャーチ大地震発生 最初の地震は2010年9月。マグニチュード7.1でした。体感震度は5くらいだったと思います。長年クライストチャーチに住んでいても、感じる地震は年に1度程度のことでしたの...
巽 クライストチャーチ

第8回 「人生の岐路」

待つか、進むか、諦めるか。 地震のあと、数日は友人宅でお世話になっていましたが、断水も続いていますし、いつまでもお世話になるわけにもいきません。 そして、あと10ヶ月は開かないと報道された街の中心部で、巽をもう一度始める...

第9回 「NZで被災し、日本でも被災」

日本人の平常心と強さに驚く クライストチャーチの地震で、アパートも店も立ち入り禁止となってしまった私たちは、とりあえず、いったん日本に帰るという選択をしました。 そして、私は、日本に帰ってから、早速免許の更新をしに、免許...

第10回 「一歩でも前へ」

オークランドへの移動を決意した経緯 日本に2週間ほど帰国してクライストチャーチに戻り、なによりも驚いたのが、何一つ変わっていなかったことでした。 お店はまだ立入禁止エリアのままでしたが、家のあるエリアは予想通り立入禁止は...

第11回 「運命的な出会い」

分かれ道に来たら、とにかく進むべし オークランドへ移動した私たちですが、家具はすべてクライストチャーチの家に置きっぱなしでしたので、まずは、家具付きのアパートメントを借りることにしました。というのも、もしかして、思いのほ...

第12回 「苦労の先にあるものは」

挑戦をやめない、失敗を恐れない、人生をあきらめない さて、オークランドで新しいTATSUMIのOPENを決意した私たちですが、そのためには、クライストチャーチの巽に置きっぱなしになっているすべての機材をオークランドへ運ば...
0