TV撮影無事終了


昨日は怒涛の一日でした。
こんなに疲れたのは久しぶり。
今日が日曜日でよかった。
日曜日はディナーのみなので、アイマスクをして、耳栓をして、目覚ましもかけずに、
泥のように眠り続けました。
それでもまだ体が相当だるい。
ああ、歳だなぁ。

さて、昨日のTV3の番組の撮影ですが、
最初のスケジュールでは、
1:00PMにスタッフが来て
1:45PMにゲストが来て
3:00PMに撮影終了でした。

というのも、私たちは夜の貸し切りパーティに備え、
4:00PMには絶対準備に取り掛からないと間に合わないため、
撮影が長引くことも考え、3:00PMには終了してもらえるように、
あらかじめお願いしていたのです。

ところが!です。
さすがNZというべきか、全然最初に決めた時間が守られません。

まず、撮影隊がやってきたのは1:30PM
「ゲストは1:45にくることになってるけど、もうだれか来てる?」と言います。
誰も来てなかったですが、打ち合わせする時間は15分しかありません。
慌てて撮影するテーブルの場所を決めたり、料理やドリンクの打ち合わせをしました。

ところが、1:45になっても、いっこうにゲストはやってきません。
「おかしいわね」といって、スタッフは外でゲストが来るのを待っています。

最初の一人がやってきたのが2:00PM
その次にやってきたのが2:15PMに二人。
そんな調子で、全員が集まって、撮影スタートとなったのは2:30をまわっていました。
普通、1:45PMに集合と言われて、2:30PMに来るなんて、ちょっと考えられないんですが、
ゲストがルーズなのか、スタッフが集合時間を間違えて伝えていたのかは定かではありません。

さて、今回の番組は「干支」に関するドキュメンタリー。
「干支」の本拠地である中国人をゲストに招き、
ここNZで干支がこれだけ文化に浸透しつつあることをどう思うか?とか
そういうことについてトークを繰り広げます。

ゲストは、テーブルにつく前に、それぞれが、自分の干支を申告し、
TATSUMIの干支のカクテルを飲みながらの番組進行となります。
ドラゴンが4人もいたので、きっと24歳なのでしょう。
みんな若者で、全員が20代だったと思います。

その、オーダーをされる時にちょっと戸惑ったのが、
ある女の子が「私はPig」だと言ったのです。
「え?Pig?」
そうなんです。中国では、猪年は豚年なんですね。
これ、以前、干支のカクテルを作るときに調べたのですが、
日本では猪年と言われる年が、中国では豚だったんです。
豚は、猪を家畜化して、人間が作り出したものと言われていますが、
同じ種類でも、大分イメージが違いますよね。

そしてもう一つ。
「僕はRat」と注文され、
「え?Rat?」と聞きなおしてしまいました。
日本語でRatというと、なんだか実験用のネズミのイメージがあったので、
メニューを作る時、あえて「ねすみ」は「Mouse」としたのです。
なんか、ミッキーマウスもいるし、Mouseのほうが、同じねずみならRatよりもイメージが良かったのです。
(勝手な私のイメージなんですが)
なので、いきなり「Rat」と言われた時に、反応できませんでした。
自分はRat年よりも、Mouse年だと信じていますが、これも、英訳すると本当は「Rat」らしいですね。

実は、メニュー作りの時には、もう1つ、最後に変更したものがあったのですが、
それは「うし年」です。
「うし」といえば、なんとなく、勝手に「乳牛」のイメージで、メニューに載せるのキャラクターも、
かわいい牛で準備していました。
ところが、これも、英語だと「OX(雄牛)」だったのです。
といういきあつもあり、最初は、「乳牛」のイメージで、カルピスを使ったカクテルを用意していたのですが、
英語だと、同じ牛でも「雄牛」の方だったということが分かり、
急遽、「Red Bull」を使ったカクテルに変更したのです。

さて、話はそれましたが、
この番組は、Oscar Kightley という方がホストを務められていたのですが、
有名な方なんだそうで。
すみません。私、全然TV見ないんで、まったく存じ上げませんでした。

彼が、一人一人に、何年生まれか聞いて、用意していた「干支」の本を片手に、
「君はこういう性格で、こういう職業が向いているらしいよ」などとコメントします。
NZでは、干支の絵柄を扱ったバンクカードとか、海外にしては干支の文化が浸透してますが、
それをどう思うか?嬉しいか?嬉しくないか?とか、
そんな感じのトークを繰り広げていました。

でも、「干支」だけをテーマにこれだけ話ができるなんて、
やっぱり中国は干支の本拠地なだけありますね。
日本も、干支は生活や文化に浸透しているけれど、
気にするのは年の初めくらいのものですよね。
あとは、同い年かどうか確認するときとか。

さて、この番組の撮影ですが、3:00PMに終わるはずだったのに、
開始時間が遅れたから仕方がないのか、
いっこうに終わる気配がありません。
そして、やっと「じゃあ。これで終わり!」となったのは3:50でした。
でも、ここからがまた長かった。。。
カメラマンは帰ったのに、そのあとも、なかなか手が付けられなかった料理をみんなで食べ始め、
解散したのは4:30PM

4:00PMには絶対に解散できるように開始時間を1:00PMにしてもらっていたのに、
予定よりも1時間半も延びてしまいました。
まあ、カメラが帰った後は、私たちはじゃんじゃんまわりで準備を始めましたけどね。

そんなわけで、無事に撮影は終了。
別に「TATSUMI」を紹介する番組ではありませんが、
干支のカクテルをやっている関係で、このような干支の番組にかかわらせてもらうことができて
よかったと思います。

いつ放映されるのか聞き逃してしまったので、ちょっと今度聞いてみようと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA