私、今日、病院で手術を受けてきました。
というのも、去年受けた子宮頸がん検診にひっかかったからです。

とはいっても、子宮頸がんになる一歩手前の段階での発見だった為、
大事に至ることはありませんでした。
それでも、経過観察ではなく、即手術決定という、癌になる一歩手前の状態ではありました。

検査に引っかかってから、精密検査を受けて、今日の手術に至るまで、
いろいろと情報を集めました。
だって、分からないことだらけ。
移住と同じで「情報集め」は大事だけど、人と自分は違うし、
情報がありすぎて、なにを信じたら良いのか分からない。
そんな中、日本の事情、海外での事情などを色々探して比較し、
私なりに理解した上で、手術当日を迎えました。

これから、NZで、私と同じように、
子宮頸がん検診に引っかかり、手術にまでいたる人、きっと多いと思います。
実際今日も、待合室には日本人の方がいらっしゃいました。

手術というのは、ただでも不安なもの。
それが、「海外で」となれば尚更です。
私みたいな状況に置かれた人に、少しでも役に立つ情報が提供できるよう、
子宮頸がん検診から、今日の手術にいたるまでに私が参考にした情報と、
実際の体験を、ここに残しておきたいと思います。

日本での体験談はとてもたくさんありますが、
海外で、しかもNZで。って、なかなかありませんからね。

もう私は元気ですよ!

最初に言っておきますが、「癌」ではないので、ご心配なく。
ノーメイクの病人面で失礼します。

スメアテストを受ける②

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA