ニュージーランド航空が毎日席数限定で売り出す「Grab a seat」
今までは、どうせ行くことができないので、眺めるだけだったこの「Grab a seat」ですが、
今ならば、安いチケットが出たところで、いつでもどこでも飛ぶことができます。
ケアンズ往復で$200も、この「Grab a seat」でGETしました。
次になんとなく行きたいところは、オーストラリアの各都市と、
国内であれば、ロトルア、ネルソン、ネイピア、タウランガのあたり。
そのときのキャンペーンにもよりますが、大抵半額くらい、運がよければもっと安いこともあります。

その「Grab a seat」で、先日「AKL⇔東京往復$599」という信じられない金額のチケットが出たのです。
通常価格が$2500くらいですので、4分の1の価格です。しかも税金や燃油も全部込みの価格です。
これは買うしかないですよね?
実は、すでにオークランドからクライストチャーチへ帰るチケットを予約していたのですが、
その4日後に日本へ帰国するためにまたオークランドへ飛ばなくてはなりません。
それならこのままオークランドに滞在するのもひとつの手だったのですが、
すでにクライストチャーチを2週間留守にしていて、これからまた3週間留守にするとなると
ちょっと期間が長くなりすぎるので、いったんクライストチャーチに帰って仕切りなおしたいということもありますし、
日本は夏になろうとしているところなので、今もっている服を日本用に詰め替えたいというのもありましたので、
たったの4日間といえども、一度クライストチャーチに戻ることに決めました。
この4日間のための往復チケットももったいない気もするのですが、
実はこのクライストチャーチ行きチケットも「Grab a seat」で$55で購入したものだったので、
それほど高くなかったのです。
ケアンズへ行くために、クライストチャーチからオークランドに飛んだチケットは$199でしたからね。
ちなみに、この「Grab a seat」は、3日後とか直近のものから、2ヶ月後とか割と先のものも出るので、
その時々のプランにあわせて使うことができます。
大事なのは、毎朝どんなチケットが出ているのかチェックし続けること。

東京行きがこんなに安く出たのは、NZから日本行きの席が全然埋まらないからなのでしょうね。
通常、日本⇔NZ間は、3,4,3の席割りになっている飛行機で飛ぶのですが、
今は2,3,2の席割りになっている小さい飛行機で飛んでいます。
しかも、東京からNZへ直行ではなく、東京から大阪へ飛んで両方で乗客を乗せてNZへ飛んだりします。
それでも、こんなに格安チケットまで出して席を埋めなくてはいけないとは、どれほど乗客が減っているのでしょうか。
まあ、でも私はそのおかげで、スーパー格安チケットで日本に帰国できるわけで、超ラッキーなのですが。
NZも地震で、日本も地震で、ましてや日本は原発の影響もあって、
双方の乗客が相当減ってしまっている状況なのでしょうね。

私たちは、家に戻れると思ったのも束の間、また赤紙が張られてしまい、住むところもなくさまよっている状態です。
飛行機の中で「入国者カード」を書くたびに、職業欄を眺めては「旅人?」などといっている始末。
そんな中、日本へ帰れば実家で滞在費も食費もかからず生活できるのは、
私たちにとっては大きな節約となり、その上、買出しまでできるのですから、
$599なんて、ただでも安いのに、私たちにとっては安いなんてもんじゃありません。

実は、3月に日本に帰ったとき、「たぶん近いうちにもう一度戻ってくる」と思っていました。
それで、あまりがっついて買い物もしませんでしたし、ほとんどなんにもしませんでした。
地震のための突然の帰国で、なんのプランもしていなかったこともありますが、
今度こそ、有意義な日本滞在にしたいと思っています。
そして、お店の買い物をしっかりすることも、今回の帰国の大きな目的でもありますので、
お店を再開する前に、いろいろ買出しをしなくてはなりません。
こんな格安チケットで帰国できることは、本当にラッキーでした。
でも、格安チケットのため、帰国日が指定されていて、滞在はたったの2週間。
これを最後に、次いつ日本に戻ることになるか分かりませんので、
悔いのないようにプランを練りたいと思っています。

初めて日本で免税で買い物 ②

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA