「KAZUYA」 日本の一流をNZへ。


昨日は、友人が新しくOPENしたレストラン「KAZUYA」に行って来ました。
TATSUMIはイースターは4連休だったのですが、
KAZUYAはカレンダー通り、土曜日は通常営業だったので、
奇跡的に行くことができたのです!

KAZUYAのオーナーシェフは、もちろんKAZUYAさん。
TATASUMIもKAZUYAも、ちょうど同じ時期に店のオープン準備をしていましたが、
元々レストランだったところを買ったTATSUMIのほうが、いろいろと早く進み、
KAZUYAは、申請関係で時間がかかってしまいました。
そのようなこともあり、メニューはどこで注文しただの、壁紙はどうするだの、
お互い情報交換をしながらのオープン準備で、
KAZUYAさんは、まるでTATSUMIのオープニングスタッフかのように、
しょっちゅうTATSUMIに顔を出しては、工事の進行状況を見守ってくれました。
時に厳しく、時に的確に、時にはまあてきとうに、いろいろアドバイスを頂き、
オークランド初心者の私たちにとって、とても助けになる存在でありました。

そのKAZUYAさんが、満を持してOPENしたレストラン「KAZUYA」
元々、KAZUYAさんは、東京でも有名な「アクアパッツァ」というイタリアンレストラン出身です。
NZに来てからも「RICE」や「CIBO」といった有名なレストランでヘッドシェフを務めました。

そう。KAZUYAさんは、日本食のシェフではないのです。

日本では、日本人がイタリアンやフレンチの店を持つのは普通ですが、
やはり移民の国NZにおいては、日本人が経営する「イタ飯屋」というのは、非常に珍しいことです。
でも、最近ブログでも紹介した「CLOONEY」や「TriBeCa」を見てもわかるように、
日本の食材は、今あらゆるジャンルに登場し、新境地を見出しています。
もう、料理は完全に国境を越えて異文化交流が進んでいるということです。

そこで、「KAZUYA」も、イタリアンとも、ジャパニーズとも謳っていません。
レストラン紹介を参考にさせてもらうと、
「Kazuya has been inspired by the New Zealand’s multi cultural society, including the various restaurant scenes and through this has developed his own style of cuisine.」
とあります。

なるほど。ジャンルは「KAZUYA STYLE」なのです。

KAZUYAさんは、「ジャパレス」というカテゴリーで勝負しようとは思っておらず、
NZの「Fine Dining」というカテゴリーを目指しています。
くーーーー。かっこいいじゃありませんか!

KAZUYAさんを支えるスタッフは、奥様のHARUさんとソムリエのMOJOさん。
KAZUYAさんとHARUさんは、もともと、東京のアクアパッツァで一緒に働いていました。
HARUさんはレストラン業界に長く身を置き、根っからのサービスマンです。
そして、MOJOさんは(日本人です)「TriBeCa」でソムリエとして働いていた方。
日本でも、有名ホテルのフレンチレストランで働いていました。
つまり、「KAZUYA」は、プロ中のプロ集団なんです。

3人の経歴のみならず、人柄、仕事への姿勢。
友人としても尊敬できるその3人がつくりあげる「KAZUYA」。

そんなわけで、私は、「KAZUYA」で食事をすることを、とてもとても楽しみにしていました。

工事中にはお邪魔したことがありましたが、出来上がってからお邪魔するのは初めてです。
まずは、盆栽の置き場があるかどうか「きょろきょろ」。
すでに、たくさんのお酒やお花が飾ってあります。
盆栽を渡すか、それともプランBのペガサスベイワインセットを渡すかは、
帰る時にゆっくり相談しようと思い、とりあえずは食事の席につきました。

HARUさんは、いつもとても可愛らしいのですが、
お店では、しっかりとメートルディとして黒のスーツでビシッと決めてました。
とたんにプロの顔ですね。かっこいい~!

お店はあまり広くなく、こじんまりとしていて、
それぞれのテーブルがベンチシートで区切れるようになっているため、
とてもプライベートがあり、なおかつ、ソファ席なので、ゆったりとくつろげる雰囲気です。
ほかのお客様のことを気にせずに「自分たちの時間」を楽しむことが出来ます。
数をこなすのではなく、一組一組のお客様を「自分の家」に招いてもてなすかのような店作り。

テーブルセットはこんな感じ。
これから出てくる料理の期待感も、ぐっと上がりますよね!

料理メニューと、ワインリストを2冊並べると、なんだかエルメスみたいじゃないですか?
久しぶりに感じる、「心地よい高級感」です。

メニューはとてもシンプル。
2種類のコース料理と、数種類の単品料理。
もちろん、コース料理を注文するつもりでしたが、
今回は、KAZUYAさんのご厚意から、「KAZUYAおまかせコース料理」をいただくことにしました。
そして、ワインも、料理にあわせて、当然MOJOさんにおまかせです。

KAZUYAについて語っていたら、大分長くなってしまったので、
料理はまた明日。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA