夜中の惨事


昨夜、仕事から戻ってきて、とりあえずシャワーを浴びに行きました。

前から、お湯の流れが悪く、髪の毛が流れないように、
ダイソーで買った使い捨ての「排水溝の髪の毛を逃さない」みたいなやつを使ってます。
なので、髪の毛は一本たりとも流していない自信があります。

ところが、ここ最近、お湯の流れの悪さが尋常ではなく、
シャワールームはみるみるうちに足湯状態になっていきます。
でも、シャワールームの淵ぎりぎりのところで大体止まって、なんとかしのいできました。

自分たちで排水溝を掃除したり、バキュームしてみたり、いろいろやってみたのですが、
あまり効果は感じられません。

そして、昨夜、とうとう大変なことが起きてしまいました!

いつものようにシャワーを浴びていたら、まあいつものようにお湯が溜まって来て、
あまり気にせずシャワーを浴び続けていました。
ところが、シャワールームの排水溝の蓋が浮き始め、
「あれ?いつもより重症?」などと思っているうちに、
シャワールームの外の排水溝から水が噴き出してきたのです!!!

 (キレイなもんでもないので、画像は小さくしています)

ここから水が噴出してきました。

シャワールーム内と、シャワールームの外の排水溝は繋がっているのでしょうが、
まさか、シャワールームのお湯が流れないからと言って、
シャワールームの外からお湯が噴き出してくるとは、夢にも思いませんでした。

シャワールームの足元に置いていたフットタオルはあっという間に水浸し、
そして、スリッパがプカプカと浮いているではありませんか!

我が家のバスルームは寝室内にあり、全室タイル張りの我が家は、
バスルームと寝室の境い目などドアしかありません。

「スリッパがプカプカと浮いている」ということは、
お湯は寝室へ流れ出しているはず!
慌ててダンナを呼びました。
「大変!大変!早く来て!!!!」

案の定、寝室の床はあえなく浸水。
そして、同じくタイル貼りでつながっているクローゼットの中まで浸水してました。

(写真は掃除した後の床なので、水はもうありません)

床がタイル貼りだったため、寝室とバスルームの床の境い目もなく、
クローゼットと寝室の床の境い目もなく、すべてドアだけで仕切られていたのが不運でした。
あっという間に浸水が広がってしまったのです。

とりあえず、これ以上被害が広がらないように、
バスタオルで堤防を作ってお湯の流れを止めました。


(写真は掃除した後の床なので、水はもうありません)

お店から、水陸両用?みたいな水も吸える掃除機を持ってきて、大掃除が始まりました。
普段はキッチンの掃除のときに水を撒いて、この掃除機で吸うのですが、
まさか家で使うことになろうとは。。。
そのあと、バスタオルで乾拭きをして、結局10枚以上使って、
夜中に洗濯機をまわしてしまいました。

タイル貼りだったので、あっという間に被害が広がってしまったのですが、
今思えば、タイル貼りだったからこそ、掃除はラクだったのかも。と思います。
絨毯だったら、一度水浸しになったら、なかなか乾きませんからね。

とりあえず、今日マンションの管理組合に連絡して、
誰か修理に送ってほしいとお願いしましたが、
あいかわらずNZはレスポンスが悪く、なんの連絡もありません。

お湯の流れが悪いだけならまだしも、排水溝から噴き出して、
ベッドルームまで流出するとなれば、大問題です。

早く修理の人来て!!!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA