強風にやられた。。。


今日は、天気は良いけど、強い風。
だいぶ強風だったので、今日は店の外のアンブレラは開けないでおきました。
ほんと、強い風の時、飛んで行っちゃうんですよね。

ほら、今日は、並びの店もみんな閉じてる。

それにしてもあんまり強い風なので、
OPEN前に掃除した店の前も、すぐにゴミだらけ。
外の看板も飛んで行ってしまいそうな勢いで、
ちょっと様子を見に、外に出てみたら、
なんか、エントランスのアンブレラがだいぶグラグラしてる。

というのも、他の店はみな、きちんとアンブレラを閉じてベルトしていたけど、
うちの店は、閉じただけでベルトをしていなかったので、
風にあおられて、だいぶアンブレラの羽が広がっていたのです。

で、「ベルトしたほうがいいかな」と思ったちょうどその時!

360度、どっちに倒れてもおかしくないアンブレラが、
なぜか、私めがけて、ピンポイントで倒れて来たのです!!!

よく、ドラマとかであるじゃないですか、
「えー。これよけられるでしょ。」と思うようなものにぶつかったりしてしまうシーン。
よければいいのに、立ち止まっちゃったりとかして、
「早く!そこ!止まってないで、よけて!」みたいな。

あれですね。
意外によけられませんよ。

倒れてくるアンブレラは、まるでスローモーションのようで、
完全にこのまま来たら、私の頭に直撃するのは分かっていました。
でも、私は、そのままそこを動かず、両手でアンブレラを支えようとしてしまったのです。

そして、両手で羽を押さえたと思ったのも束の間、
半開きのアンブレラは、私の両手をすりぬけ、
見事、そのままアンブレラの支柱が私の右頭頂部を直撃したのです。

両手を頭上に広げたまま、そこで支えられるはずだったアンブレラは、
見事に私の頭にぶつかって止まりました。

隣のレストランの人が、慌てて駆け寄ってきました。

いやー。私、まったく動けませんでした。
人生の最後って、予期せずこのようにやって来るのかもしれません。

歳がばれちゃうんですが、
私、完全に、「プルメリアの伝説・天国のキッス」の松田聖子を思い出しちゃいました。

 

ラストシーン。
松田聖子が、中井貴一を助けようとして、
ウィンドサーフィンの帆が風におあられて、帆の支柱に頭ぶつけて死んじゃうんですよね。

「えーーーー????ハッピーエンドじゃないの????死ななくてもいいじゃん?」

っていう、衝撃のラスト。今でも忘れられません。

それはさておき、
結果、右頭頂部には、直径10cmもの大きなタンコブができました。

ちなみに、犯人はコイツです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA