うちの猫ちゃんたちは、生後30週間。
今までは、家猫でしたが、そろそろ外に出すことを考えなければいけません。
でも、無理やり外に出す気は無くて、「出たいなら出てもいいよ」っていうくらいでいいと思っています。
我が家は、大通りに面しているわけではないので、
家の前を通る車は、ほぼ住人のみ。
しかも、同じ区画には3軒しか家がなく、
こんな場所ですから、外に出ても、「危険と隣り合わせ」ってわけではありません。
だからこそ、「そろそろ外に出してもいいかなぁ」と思えるのです。
これが、家が密集しているところだったり、
車がジャンジャン走っているような場所だったら、
まだまだ怖いので、家に置いておきたいと思います。

さて、当の猫ちゃんたちですが、
しばらく前から、「庭限定」で外に出していました。
少しでも外に慣れて、庭の中だけで満足してくれるようなら、それの方が良いと思っていたからです。
最初の頃は、ドアを開けてあげても、眺めているだけで、なかなか外には出ていきません。
しばらくすると、恐る恐る出てきて、近くの植え込みの中を探索する程度。
自ら進んで「外に出たい!」という感じではありませんでした。

↑ 初めての冒険の時の顔。

ところが、先週から、突然「外に出たいアピール」が始まりました!
今までは、私たちが出かける時も、静かに玄関で見送ってくれていたのですが、
本当に突然、ドアを開けた瞬間に、外へ飛び出したのです!

とはいえ、飛び出したあとは、庭や駐車場をウロウロしているだけだったので、
すぐに捕獲できたのですが、
それから数日すると、走って庭から逃走してしまうようになりました。

どこへ行ってしまうかも心配ですし、きちんと帰ってこれるかも心配だったので、
猫ちゃんたちの後をつけて、隣の空き地へ行ったり、
隣の家へ行ってしまった時は、塀の上から見守ったり、
姿が見えない時は、首につけた鈴の音を頼りに、なんとなく位置確認をして、
まるでストーカーのように猫ちゃんたちの後を追い続けました。

でも、毎日、1時間もすると、飽きて帰ってくるので、
「きちんと家に帰ってこれる」ということには安堵し、
心配ながらも、毎日外へ出たがった時には、出してあげることにしたのです。

それから1週間ほどたった頃でしょうか。
今度は、突然、外に出たがら無くなったんですよね。
もちろん、外には出るんですが、
「いつでも出られる」と分かったら、無理に出ようとしなくなったんです。
最近春のように暖かいので、庭へ繋がるリビングや寝室の窓を開けっ放しにしているのですが、
自由に出たり入ったりして、最初の頃のように、「1時間も帰ってこない」ということはなくなりました。
一通り探検したら、気が済んだのかもしれません。
猫ちゃんたちにとっては、未知の世界に踏み出したことで、
「家の中と同じ感覚で歩ける場所が、庭まで広がった」という感覚でしょうか。

今では、こんな感じで、デッキでまったり。

我が家には、もともと猫窓がついていましたので、
これでいつでも安心して出かけられる。と思っていたのですが、
それはまた別の話で、
二人とも、自分で猫窓を開けることができないんです。
そこから出られることは分かっているけれど、どうやって開けるのかがわからないのか、
単純にまだ小さくて開ける力が足りないのか、
カリカリやってるばかりで、いっこうに開けられるようになりません。
なので、せっかく外デビューしたにもかかわらず、
外に出られるのは、私たちが家にいる間だけ。
出かける時には捕獲されて、家に連れ戻されるのです。

まあ、それでも、自由に動ける範囲が広がったこと、
外の空気を吸って、土や草と戯れることが出来るようになったことは、
二人にとって、とても大きな変化だと思います。

我が家の周りには、いつもウロウロしている猫ちゃんが2匹いて、
2匹とも巨大なんですが、
いつも、窓ガラスの向こうとこっちで、見つめ合っていました。

↑ 上にいる猫を下から見つめるジジと茶々

実際外で対面した時、どうなるかと心配していたのですが、
案外大丈夫そうです。
仲良くしている素振りはありませんが、喧嘩をする感じでも無くて、安心しました。
なんせ、体の大きさが倍以上ありそうな猫ちゃんたちですから、
戦ったら勝ち目はありません。

まあ、こんな感じで、外デビューを果たした我が家の猫ちゃん達ですが、
今のまま、遠出をせずに、この辺りで満足して遊んでくれることを願います。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA