さて、あと1週間で、「まだまだ先」だと思っていたオーストラリア旅行です!
無事にパスポートの更新が終了したのはいいのですが、まだこれで終わりではありません。パスポートに付随している「永住権」を、新しいパスポートに移行しないといけないんですよ。

別に、新しいパスポートがあれば、晴れてオーストラリアへ行くことは出来ますが、この「永住権の移行」を終わらせておかないと、NZへ戻って来た時に「観光客」扱いとなってしまい、入国するのに「NZを出国する航空券」が必要になってしまうんです。もちろん、それを回避する方法もありますが、とりあえず入国で足止めされ、面倒になることは必至。なので、永住権の移行は絶対なのです。

で、以前は、新しいパスポートと古いパスポートを持って、移民局の窓口に行くだけで良かった簡単な手続きなのですが、コロナ禍で、NZ全土の移民局の窓口が閉鎖され、今は郵送でしか受け付けてないって言うんですよ。
古いパスポートには、永住権のシールが貼ってありましたが、今や永住権もE-visaになっているんですよ。にもかかわらず申請は郵送って。。。意味わからん。
ちなみに、現在でも、シールを張って欲しい人は有料で貼ってもらえるそうです。やっぱりE-visaって、パスポート見ただけでは分からないから、ちょっと不安で、永住権のシールを貼って欲しいって人もいるでしょうね。

それで、シールを貼って欲しい人はパスポートそのものを郵送しないといけないんですが、E-visaでも構わない人は、パスポートのコピーを送るんですよ。
でも、何が面倒くさいって、そのパスポートのコピーが「本物である」という証拠のサインが必要なんです。で、その証拠のサインをする「Justice of Piece」っていう人がいて、その人のところにコピーと原本を持って行って、本物であるという証明のサインをしてもらわないといけないんです。

このJustice of Piece って、NZでは「JP」って呼ばれているんですが、決められた時間に、郵便局や図書館にJPが来てくれたりするんです。クィーンズタウンには一カ所だけそういう場所があって、金曜日の12時半~13時半の1時間だけ。絶対に混みあうことが予想されますし、今回は急ぎで金曜日まで待てなかったので、イエローページで、個人でJPをやっている人を探してみると、我が家から徒歩5分のところにJPがいたので、早速連絡を取ってみると、翌日8時に予約を取ることができました。9時~17時で仕事をしている人のようで、出勤前に会ってくれることになったんです。ほんと、ありがたい。

で、そのJPなんですが、今回、古いパスポート、新しいパスポート、永住権のシールと、3ページx2人分で、6枚のコピーの証明をしてもらわないといけないんですけど、サインは一枚$20くらいだろうか。。。と予測していたんです。で、調べてみると、なんとタダ!無料!え!信じられない!

なんと、Justice of Piece って、ボランティアなんですって。なんのために?善人すぎませんか?
しかも、Justice of Piece になるのって、国会議員の推薦、面接、コース受講、裁判所での宣誓などが必要で、結構面倒くさいんですよ。しかも、その資格を取ったあとに、ボランティアで働くんですよ。信じられない。
次の人生、人間に生まれ変わるためにやってるのかな?(ブラッシュアップライフ観てる人にしか分からなくてすみません。。。)
心の汚れているわたしには、Justice of Piece をやっている人の気持ちがまったく分からないのですが、クリスチャンで、JPをやると天国に行けるとか、そういうやつかな。

一体全体、どんな人がJPをやっているんだろうと思って、興味津々で翌日訪ねてみると、それはそれはご立派な感じの方で、家の庭にも船が置いてあったりして、裕福そうな感じの方でした。
先月、家族5人で日本に3週間旅行に行って、1週間東京、2週間は野沢温泉でスキー三昧だったらしい。それはお金持ちだな。

お金にも、心にも、余裕があってこそのJPなんだな。と理解しました。

帰り際、用意していたお菓子をお渡しすると、「いやいや、こんなものは必要ないんだよ。でも、有難くいただいておくね」と言ってくれました。
菓子折りもらったら「賄賂」になっちゃうから貰えない。とかはないみたい。
こんなに大切なミッションを、出勤前の朝の8時からやってもらって、お礼だけ行って帰るなんて、そんなことわたしにはできませんでした。お礼のお菓子を受け取ってくれてよかった!

というわけで、無事にJP様にサインをいただき、パスポートのコピーをポスト投函してきました。無事にオークランドに届いて、無事に永住権の移行が完了しますように!

出国まではあと1週間ですが、NZに戻ってくるのは3週間後ですので、戻ってくるまでに完了していればギリギリセーフです。なんとか間に合うかなぁ。。。

余談ですが、日本領事館でパスポートを再発行するときに、わたしのように永住権やその他ビザの移行が必要な人って、他にもたくさんいると思うんですよね。今回わたしは「NZでパスポートを更新する」という誰かのブログを読んで、それを参考にして手続きしたのですが、その人が「永住権の移行を忘れずに!」と、やり方まで書いてくれていたので、無事に手続きを終えることができました。でも、もしあれを読んでいなかったら、パスポートを更新したあとに、永住権の移行が必要だなんて考えもしなかっただろうなぁ。
そういう人、きっとたくさんいると思うから、せめて、領事館で新しいパスポートを発行したときには、「永住権の移行手続き、忘れないでくださいね」と、一言言ってくれたら、とても親切だと思います。
やっぱりお役所は「パスポートの更新」という自分の仕事だけして終わりなのかなぁ。反対に、余計なことを言ってはいけない。とかいう規則とかあるんだろうか。

領事館の立派なエントランス

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

+6

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA