日本に帰ってきてから、毎日雨続き。
室内で楽しめるところないかな。ってことで、
池袋のサンシャイン60の中にある、ナムコナンジャタウンの中にある「餃子スタジアム」に行ってきました。

日本全国のおいしい餃子やさんが一堂に会して、食べ歩き食べ比べできるという施設です。
入園料300円支払って、あとは自分の好きな店で好きな餃子を注文して、各店舗で支払いです。

まず入り口。なんかこういう雰囲気って久しぶり。楽しそう。
餃子店の一覧と、各店を代表する餃子の紹介などがあります。
だいたいどの店にいくか検討をつけることができます。

ところが、中に入ると、各店舗10種類以上の餃子を用意していて、一店舗だけでもかなり食べたい餃子が用意されています。
そんなのが11店舗もあるわけですから、そりゃ迷いますよ。
店を選ぶのに迷い、餃子を選ぶのに迷い、なんて羨ましい状況でしょう。
ニュージーランドにいたら、餃子を食べれるだけでも十分じゃないですか。
「選択肢のある幸せ」ってやつですね。ああ、日本はなんて恵まれているんだ。

さて、私たちが選んだのは、

東京老舗餃子 華興の「小龍包餃子」 4つ 504円
滋賀グルメ餃子 包王の「牛とん包」 3つ440円
北海道上富良野餃子 神竜の「上富良野餃子」 4つ 500円

この中では、ダントツで「牛とん包」おいしかったです。
とってもジューシーな肉汁が口の中に広がります。
なんと肉は日本三大和牛の1つ「近江牛」だそうですよ。

ま、これだけでは食べたりず、最後に「宇都宮餃子」へ行きました。
宇都宮といえば、いわずも知れた餃子の町。
この「宇都宮餃子」では、12店舗の餃子を1Pずつ盛り合わせにしたセットがあります。

それぞれの餃子の店名と特徴とを見ながらの「餃子テイスティング」
これはこれでおいしくておもしろい趣向でしたが、やっぱり、各店舗のこだわりの餃子を1皿いただいて、
「もっと味わいたい」と思いました。ここ、あと3回は行っても飽きないですね。
おまけで、こんな餃子もいただきました

「豚餃子」
「手羽餃子」

さらに、餃子スタジアムの上の階には「デザート共和国」なるものが。

「横浜夢本舗」というお店のケーキが、本当におとぎの国のお菓子の家みたいなんです。
おなかいっぱいなのに、つい買ってしまいました。。。

ナムコナンジャタウンには、他にも楽しめるアトラクションがいっぱい。
大人向けではないかもしれませんが、家族連れや、高校生カップルで、とっても賑わってました。
雨の日に行くには、近いし、屋内施設だし、いいかもしれませんね。
「いまさら」と思いながら行った割には楽しかったですよ。

その後、電車に乗って湯島へ。お目当ては「旧岩崎邸庭園」。
NHKの「竜馬伝」を見ていたので、東京へ戻ったら行ってみたかったのです。
館内は写真撮影厳禁でしたので、写真は外観のみ。

残念ながら、和館は工事中でした。。。
明治29年(1896年)に完成した建物の内部は、暖炉や高い天井など、少しNZの家と通ずるものを感じました。
いやぁ、それにしても、お金かかってるだろうなぁ。
ベランダのある家は、これが日本初だそうですよ。

京都の古いお寺も好きですが、こういう建物も素敵ですね。

浅草見物とすき焼きの今半 ⑪

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA