椅子の行方


以前こちらでも紹介しましたが、店舗にあった椅子はぼろぼろで、
ガムテープで補強してあったのですが、店内が暗かったため、全然気づきませんでした。

これはすべて、東京フードさんが引き取ってくれたのですが、
これとは別に、白い立派な椅子が30ほどあったのです。
まあ買えば1脚$200くらいするいい椅子だったので、少しくらい古くても使おうと思っていました。
ところが、今日、床の張替えをするのに、椅子を全部外に出してみたところ、
驚きのボロボロっぷり。こ、こ、これは!使えませんよ!
いやぁ。暗いってすごい。これが見えないんだもんなぁ。
なんとなく、ボロボロのがあることには気づいていましたが、
でも、ぱっと見たら分からないだけで、よーく見れば見えますし、
ましてや、自分の座る椅子だったら、確実に見えます。

大分ぼろいですよね。。。
でも、捨てるのは本当にもったいない。
白い椅子30脚、茶色い椅子10脚の合わせて40脚も使えないとは、
クライストチャーチから持ってきた椅子が22脚しかありませんから、
追加で20脚ほど購入しなければなりません。
ううう。またお金が出て行く。。。

でも、もったいないからといっていつまでもキープしていては、作業も進みませんので、
今日はダンナがトレーラーを借りてきて、これらの椅子を全部捨てに行くことになりました。
他にも、キッチンの台下冷蔵庫2台と、炊飯器5つは、全部壊れていて使えなかったので、
全部まとめて捨ててしまえ!ということで、
ダンナがトレーラーを借りに行く間に、私はこれらの椅子をせっせと外に運び出していました。

すると、2軒となりのレストランのオーナーがやってきて
「おお!新しい椅子が届いたのかい?いいねー」
というのです。なので、私が、
「いえいえ、これは古くてぼろいので、全部捨てるんですよ」と言ったら、
「ええええ!?じゃあ、もらってもいい?僕にはまだまだ使えるように見えるよ」
と言うのです。
私にとっては渡りに船。どうせ捨てるものですから、もらってもらえるのであれば椅子も喜ぶし、
なにより捨てに行く手間とお金も節約できます。
レストランオーナーの人は、店からスタッフを連れてきて、
良さそうな椅子を選りすぐり、せっせと自分の店に運び込んでいきます。
彼は結局12脚持って行きました。
これで大分捨てるのが楽になります。
「そうかー。捨てる神あれば、拾う神ありとはこのことだね」と言って、
ダンナが戻ってくるまでの間、他にも誰か欲しい人がいるかもしれないと思い、
「FREE」と書いておいておきました。
でも、それからものの15分くらいでダンナが帰ってきて、
仕方なく、残りの椅子をトレーラーに積もうと外に出たところ、
な、な、なんと!あと3脚しかないよー!
すごーい。あっという間。
そうだよねー。レストランでは使えなくても、立派な椅子だし、家で使うなら申し分ないよね。
きっと誰かが持って行ってくれたんだ。
まだ使えるものを捨てるのは、本当に心苦しかったので、本当によかったです!

そして、一仕事を終えて、2軒となりのレストランを覗いてみると、、、、
おおお!すでに使われているではありませんか!
しかも、入り口はいって一番手前の一番目立つところですよ!

かっこいいじゃないですか!
明るい店なので、ぼろぼろなのがとてもよく見えるのですが、
こうやって、ぱっとみると、全然分かりませんよね!
ターキッシュのレストランなのですが、店の雰囲気にもとてもよく似合っています。
早速誰かが使っていて、ちょうど片付けているところでした。

前の店の壊れた機材をじゃんじゃん廃棄している中、
こうして他の場所で生き残ることができたものがあるというだけで、
なんだかちょっと、幸せな気分になりますよね!

さて、来週は床の張替えです。
今の床をはがして、磨いて、塗って、乾かして、全部の工程で1週間かかります。
なので、来週1週間は、私たちはほとんど身動きがとれなくなります。
この1週間で、メニューやワインリストを仕上げます。
再来週から、機材を一気に搬入して、OPEN秒読みとなります!

お店を買ってから今日まで、新しいものができていくスピードよりも、
元々あったものを破棄するスピードの方が速かったため、
店を作り上げている途中というよりも、店を壊している途中?と思うほど、
店がどんどん「工事中」化していました。
これでやっと、前に進んで動き出しそうです。
長かったなぁ。
ここまでくるのに、一ヶ月以上かかりました。
今思えば、「なんでこんなに時間かかってんの?」ってくらいしか、作業が進んでいませんので、
来週からも予定通りに進むかどうかは分からないんですけど、、、
とにかく、なんとなーく店の形が見えてきた気がします。
来週は、もっと前進した店の写真がUPできることを祈ります。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA