幸せな一日


昨日は、クライストチャーチのケーキ屋さん「YAHAGI 」さんが来店してくれました。
私は「YAHAGI 」のフィナンシェとサブレがダイスキ。
YAHAGI は、クライストチャーチで一番なのはもちろんのこと、
多分NZ全土でも、一番のケーキ屋さんです。
そう思うと、NZで一番のお寿司屋さんも、NZで一番のケーキ屋さんも、
両方ともクライストチャーチにあるなんて、ひそかにクライストチャーチってスゴイ!

YAHAGIさんとは、TATSUMI を始める前からの結構長い付き合いで、
数少ないお友達のひとりです。
なので、オークランドに来て、TATSUMI をたずねてくれて、本当に嬉しかったです。
久しぶりに、いろいろな話に花が咲きました。

そして昨日は、私のこのブログを見て来店してくれたお客様がいらっしゃいました。
車で2時間もかかるところから、わざわざご来店いただいたとのことで、本当に嬉しかったです。
クライストチャーチの頃はあまりなかったのですが、
オークランドに来てからは、「ブログ読んでます」といって来てくださるお客様が多く、
「多くの人に応援してもらってるんだなぁ」とつくづく感じます。
本当に、嬉しいことですね。

そして、昨日は、はいってくるなり「Congratulations!」と言って笑顔で声をかけてくれたお客さまがいらっしゃいました。
なにかと思って聞いてみると、「クライストチャーチから来たんでしょ?開店おめでとう!」というのです。
とっても温かいお客様で、お帰りになるときも、スタッフの肩に手をかけ、
「今はまだまだ大変だと思うけど、とってもいいお店だから、絶対に成功するわ。応援してるから頑張ってね」
とおっしゃってくれたのです。
スタッフは、「嬉しくて涙が出そうになりました」といってました。
こういう、温かい心に触れることができて、応援してくれている人に出会えることは、本当に嬉しいことです。

最後は、常連のお客様が、いつもはご夫婦なのに、お1人で来店されました。
奥様はまだホリデーの最中なんだとか。
ひとりで来店されるのは始めてのことでしたが、いつもと同じものをいつもと同じように注文され、
ホリデーのことや、お店のこと、料理のことなど、たくさんお話しをする機会がありました。
でも、いつもは普通に話していたのに、なぜか、昨日はなんだかあんまり英語が通じません。
ドレッシングのことを聞かれて「セサミ」がはいっている。と答えたら、
「セサミ」がまったく通じなかったのです。スペルを言って、やっと通じました。
そして、なんと、その後は、「ソルト」が通じませんでした。
こんな簡単な単語が通じないなんて、だいぶショックですが、
でも、それまで、ホリデーのこととか、いろいろ話していたのに、
なんぜ急に通じなくなったんだろう?
そう。それは「単語」だから通じなかったのです。
文章や会話になっていると、その文脈や話題から、なんの単語か想像できるのでしょう。
でも、「単語」だけでは、発音をきちんとしないと、想像だけでは違うものになってしまうかもしれません。
昨日は、あとから息子さんが合流したのですが、
「Salt」という私の言葉をご主人が理解できず、息子さんが「Saltだよ」と復唱している姿を見て、
「はっ!」と気づきました。
今おもいおこせば、いつも、私が言ったことを、奥様が理解し、
ご主人に復唱していたような気がします。

あー。もっと英語の勉強しなくちゃな。と反省すると共に、
こんなつたない私の英語に一生懸命耳を傾け、会話を楽しんでくれるお客様に感謝。

こんなかんじで、昨日は、たくさんのお客様に元気をもらいました。

やっぱり、毎日大変なことも多いですが、こういうお客様からもらえる「小さな喜び」の積み重ねが、
遣り甲斐や、やる気に繋がるんですよね。
「大変だけど、やっててよかった」と思える瞬間です。

今日は、外席にアンブレラを出して、初めての週末。
どうなることかと思っていましたが、今までないくらい、外席の利用があり、
「ああ、アンブレラ買ってよかった」と安心しました。
なんか、一歩前へ前進できた気がします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA