ライセンスがおりた!


OPENから、あっという間に5ヶ月がたとうとしています。
あと一ヶ月で半年じゃないですか!
驚きです。
半年で軌道に乗らなかったらやばいよねって言ってたんですが、
新聞のレビューのおかげで、なんとか、忙しくなってきました。
もしこれで、レビューが載らなかったら。。。と思うと恐ろしいです。
でも、これもいつまでもつか分かりませんからね。
まだまだです。

さて、昨年の8月にエージェントに依頼していた外席のライセンスが、
やっと今頃おりました!
これで、やっと外席でもお酒が売れるようになりました!
まわりの店はみんな外席が溢れかえっているのに、
うちの店だけ「がら~ん」としていて、本当に寂しいもんでした。

正直、日本食のレストランで、外席が必要あるんだろうか?って思っていたんです。
だって、もともと、和食って、外で食べるような食事ではないと思うんですよね。

でも、ニュージーランド人は違いました。
外席で寿司や刺身が食べたいんです!
しかも、ワインやビールを飲みながら、太陽の下で!

というわけで、今週から、外席でもお酒が飲めるようになったので、
今までみたいに「外席だと、お酒は飲めませんがいいですか?」
と、いちいち断らなくてもよくなったのです。

でも、じゃあ、お酒が売れるようになったからって、
「外席でお酒飲めますよ!」なんていう看板があるわけでもなく、
通常通りの営業をするしかありません。

しかも、先週くらいから、大分秋の風が吹き始め、
もう、外席って感じではなくなってきていて、
まわりのレストランも、ちょっと暇そうな空気になっていたのです。
そこで外席のライセンスがおりても、「ちょっと遅かったよなぁ」という感じでした。

でも!どうしたことか、今週は、また夏が戻ってきたのです!
連日、外席利用のお客様がはいります。
別に、彼らは、うちがライセンスが取れたなんて知らないで来ているわけですが、
ライセンスが取れたら、急に天気が良くなって、そして外席利用のお客様が来て、
外席でワインを飲む。。。。という、
計らずも、理想的な光景が、今週のランチタイムは続いているのです。

外席万歳!

外席を出しても誰も使わず、
外席用のアンブレラを買ったら、多少利用があり、
外席でお酒が飲めるようになったら、急に利用客が増える。
という、なんだか、クライストチャーチの巽では、考えたこともない巽の利用法です。

そうかー。外席で和食かー。
昼間っから、外席で刺身とワインかー。

やっぱり、都会は違いますね。

しかも、直射日光のあたるテーブルなどは、
アンブレラの位置を変えて、日陰をつくろうとするんですが、
「日差しの下がいい」といって、断られることもしばしば。
暑いし。眩しいし。ワインぬるくなるし。
食べ終わったお皿をさげようとしたら、黒い皿がジリジリに熱くなってました。

お客さんはサングラスしてるからいいですけど、
私達は、オーダーをとりながら、メニューに日差しが反射して、
完全に目潰しを食らう状態で、
店内に戻ったら、何も見えません。

キッチンはというと、
お客様がいるのに目に見えないので、
なんだか、不思議な忙しさらしいです。
確かに。
誰もいないのに、オーダーが入るんですからね。

ホールスタッフはというと、
キッチンから外席までの距離がとても長く、
歩行距離が飛躍的に伸びました。

まあ、もう夏も終わりなので、外席が活躍できるのも、あとわずかだと思うんですが、
外席に人が座れば、それだけで宣伝効果があるので、
もうちょっと、この気候が続けばいいな。と思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA