予定の8月1日からちょっと遅れて契約が成立した店舗ですが、
もうカレンダーは9月になったというのに、実は、あんまり進んでいないのです。

まあ、理由はいろいろあるんですが、
改装工事の見積もりを2社に依頼していたのが、多分大きな要因です。
2社くらいに見積もりをもらって比較するのは当たり前のことなんですが、
時間があまりなかったのに、2社に見てもらって、それぞれの見積もりをもらうのに1週間かかってしまい、
それから、2社の見積もりの出し方が違っていたので比較が難しく、詳細を確認するのに、また1週間。
そして、やっと1社に決めたところで、今度は私たちがクライストチャーチへ行くことになってしまって、
工事を開始することができず、そんなわけで、やっと改装工事が始まったのは、
私たちがクライストチャーチから戻ってきた今週からだったのです。
工事の業者を決めるのに、3週間もロスしたのは、本当に痛手です。

今現在、1週間で、出来上がったのはここまで。

あと、床なんですけど、これ、別になにかをはがしたあとじゃなくて、最初からこうなのです。
ものすごい汚れたベニヤ板でしょう。
もちろん貼り直しです。が、これはカウンターが出来てから。

これだけではありません。照明や電話線も、今まで何もなかったところに引っ張るので、
これには、お金も時間もかかります。

さらに、キッチンなんですが、よくもここまで使い込んだなぁという機材たちで、
残念ながら、みんなおさらばです。
クライストチャーチから持ってきた機材といれかれて、足りないものは買い足します。

食器洗浄機の中は、こんなになっていて、
なんと、中古の厨房機器を買い取る会社からは、買取どころか、引き取り拒否をされてしまいました。

ガス台もひどいんですけど、これも買取はしてもらえず、部品だけならもらってもいいって。

サラマンダーも、片方壊れていて、ツマミすらないんですよ。修理したら$800だって。

冷蔵庫なんて、水漏れで床と冷蔵庫の底が腐ってるんですよ。
このままでは衛生上まずくて、審査通らないんで、これもサヨウナラです。

というわけで、キッチンにある機材のほとんどが使用できず、
使えないだけならまだしも、捨てなくてはいけない手間と費用が余分にかかってしまいます。

この店を買ったときは「明日から営業できるぐらい何でも揃ってるよ!」といわれたんですが、
確かにそれは、嘘ではないんですが(実際この前まで営業してたわけだし)、
ちょっと、私たち的にはナシで、結局総入れ替えです。

そもそも、格安で手に入れた店なので、最初からキッチン機材は期待していませんでしたし、
床の張替えが必要なことも分かっていましたし、
バーカウンターは、自分たちが欲しくて作るわけですから、ある程度覚悟はしていました。
ところが、予想以上にあっちこっちが傷んでいたというわけです。

まあでも、せっかくやるなら、前より良くしなくては意味がありませんので、
お金も時間もかかっても、今やらずして、いつやる?
一度OPENしてしまったら、それこそ、改装のために店を閉めるのは簡単ではありません。

あぁ。気が遠くなる。
本当に。。。

頑張ります!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA