巽のれん復活


本来であれば、今日にはもうTATSUMI はOPEN しているはずでした。
なのに、なんてこった。まだまだ毎日工事の人が出入りしています。
一体ぜんたいどうなっているというのでしょう。
まあ、ワールドカップで盛り上がって、みんな仕事に身が入ってない。
ってのも要因の1つでしょう。
でも、それにしても、あまりに遅すぎませんか???

工事は9月15日に終わるはずだったんですよ。
そのあとに床の張替えと電気工事がはいって、9月20日には終了し、
9月26日(月)にはOPENできる予定でした。

今日、何月何日でしたっけ?

一応OPEN予定日を10月10日に延期しましたが、
それだってどうなるか分かりません。
なんてったって、電話すら繋がってないんですから。

家賃は9月1日から発生しているというのに、
当然のことながら売り上げはナシ。
そして、工事が長引くということは、それだけ工事費用がどんどん加算されていきます。
みんな時給で働いてますからね。

しかも、クライストチャーチから救出してきた食器洗浄機なんて、
コードとか全部ぶったぎって持ってきてますから、修理を呼んで、つなぎなおしてもらったんですよ。
この請求、いくら来たと思います?
なんと、$1500ですよ!
信じられません。
前の巽を買ったときについてきた、超中古の、しかもグラス専用の小さい洗浄機ですよ。
修理に$1500もかかるくらいなら、もうちょっとマシな中古を購入することができましたよ。
どうして修理する前に言ってくれないんですかね?

「こんなオンボロ修理するより、新しいの買ったほうがいいよ」って

そして、クライストチャーチから救出してきたキッチン用冷蔵庫も、
やっとキッチンに設置してみたものの、温度が17度より下がらないんですけど。。。
またこれの修理に、一体いくらかかるんでしょうか。

あーあ。
下手にクライストチャーチからいろいろ救出してきたばっかりに、
輸送コストはかかるは、壊れてるは、修理代はかかるは、もう踏んだり蹴ったりです。

でも、中には「もうこれは使えないね」といっていたのが、
ひょんなことから復活したものもあります!

それは、巽の日除けのれん。
正面の入り口と、アーケード側の入り口に掛けていた日除けのれん。
地震の後半年も野ざらしにされて、色も褪せて、だいぶみすぼらしくなってしまいました。
しかも、クライストチャーチのロゴは「巽 Japanese kitchen & pub」でしたが、
オークランドのロゴは「TATSUMI Modern Japanese Cuisine & Bar」ですので、そういう意味でももう使えません。

ところが、トイレの入り口と、キッチンの入り口に、なにかのれんが欲しい、となったとき、
じゃーん。巽ののれんを再登場させてみてはどうか?ということになったのです。
正面玄関にかけるわけではないので、ロゴが違っても、ただののれんとして使えます。

そして、さすがに「kitchen & pub」はやばいだろうとうことで、その部分は切り取って短くして、
さらに普通にのれんとして使えるように、真ん中に切り込みを入れたのです!
そしたらなんと、キッチンの入り口にも、トイレの入り口にも、
まるではかったかのようにぴったりサイズ!これは驚きました。
見事、巽のれん復活。

しかも、のれんの改造は、家の近くの洋服のお直しやさんにお願いしたのですが、1枚$30でやってくれました。
たったの$30で復活した巽のれん。
大変な日々の中で、こういう小さいことが嬉しいですよね。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA