電気関係がおかしすぎる


遅々として進まない、TATSUMI の改装工事ですが、
その大きな要因は電気工事にあります。

最初は、どこの電気も、どこのコンセントもきちんと使えていたのです。
ところが、まずは、壁の電気がいきなり点かなくなりました。
壁際の各テーブルを照らす照明なのですが、いきなりつかなくなってしまったのです。
そして、原因不明で、未だにつかないため、あきらめて、電気をとりはずしました。
だって、つかない電灯があったら、おかしいですもんね。

そして、キッチンに新しいコンセントをつけてもらったら、
今度はウォークイン冷蔵庫の電気がつかなくなりました。
もう真っ暗ですよ。
冷蔵庫に懐中電灯を持って入らなくてはなりません。

さらに、ちょっと電子レンジの置き場所をかえて、コンセントを差込み、
動作確認をしたら、突然煙発生。
昨日まで使えていたのに。。。いきなり死んでしまいました。

それだけではありません。
入り口の電源を切ったら、なぜか冷蔵庫の電源もつなげられていて、
電源消すと、冷蔵庫まで切れてしまうのです。
恐ろしい。

そして、これがなおったと思ったら、今度は店内の3列ある電気のうち、
真ん中の列だけ、どうやってもつかなくなってしまいました。

また、店内の各所にはコンセントがあって、飾りにスタンディングの和風なライトを置く予定でいたのですが、
コンセントすべてが死んでしまったのです。
最初は生きていたんですよ。
それが突然電気が通らなくなってしまったのです。
5つある置きライトすべての行き場がなくなってしまいました。

普通なら「なおせばいいじゃん」と思いますよね?
それが、なおらないんですよ。どうやっても。
壁の客席を照らす電灯だって、全部で6つあるんですよ。
なのにこれもなおらないので、もうあきらめるしかありません。

一体どういうことでしょうか。

先日$1500もかけて修理した洗浄機も、
たったの1日使っただけで、また動かなくなってしまいました。

電気工事が始まって、早一ヶ月。
壊れてはなおし、壊れてはなおし、を繰り返しているだけで、
全然前進していません。
電気屋に、「お前が壊してるんじゃないのか?」
と突っ込みたくなるほどです。
どこかをつなぐと、どこかが切れるんですよ。

今日は、デザートの試作をしました。
「柚子メレンゲタルト」です。

柚子の風味がしっかり効いてて、さわやかなデザートに仕上がりました。
断面図の写真を撮ればよかったと後悔。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA