オークランドもニュージーランドだった


ニュージーランドでは、お酒を売るのにライセンスが必要なんですが、
そのライセンスは、イチから申請すると、結構大変なんです。
でも、わたしたちは、前のレストランを購入したわけで、新規レストランではないので、
前の店のレストランのライセンスを、そのまま使うことが出来ます。
でも、一応「名義変更」みたいな手続きはしなくてはいけなくて、
それを「テンポラリーオーソリティ(TA)」といいます。

これ、通常、10日~2週間程度でおりるんです。
だって、名義変更するだけですから。
しかも、OPEN までにライセンスがおりないと困るので、
私たちは、高いお金を支払って、ライセンス代行業者に依頼しました。

ところが、申請してからすでに一ヶ月もたつというのに、なんの音沙汰もありません。
OPENが、最初の予定から3週間も延びているにもかかわらず、
ライセンスがまだっていうのは、一体どういうことなんでしょうか。

何度も何度も代行業者に電話をいれても
「申請してるから待つしかない」の一点張り。

工事が長引いている時は、どっちみちまだOPENできないし、
ライセンスの件をせっつきにくかったのですが、
OPENの目処が立った今、ライセンスなくては話しになりませんよ!

そこで、私のスーパー秘書Mさんに、代行業者に再度電話をしてもらいました。
すると、「警察からの書類が揃ってないんだけど、警察には催促はできない」とのこと。
そこで、「催促できないかどうかはやってみないとわからないから、とにかく連絡先教えて」
といって、警察の担当部署の電話番号を聞いたのです。

警察に電話をかけてもらうと、意外にスムーズに担当部署につないでもらうことができたのですが、
なんと「お店はどこ?ニューマーケット?じゃあ、ここじゃないわ。ここはダウンタウン担当よ。」

うそでしょ?教えられた電話番号違うじゃん。

早速、教えてもらった、ニューマーケットの担当部署の電話番号を聞き、Mさんに電話してもらいました。
すると、担当者は「今日はお休み」
せっかくつかまえられそうだったのに!お休みとは!なんてついてないんだ。。。。

でも、でもですよ。
ここまで、私たちが自分でたどり着けるのに、なぜ、代行業者の人はたどりつけてないの?
電話番号が違う時点で、一回も電話とかしてくれてなかったってことよね?

明日電話がつながったとしても、なんの進展もないかもしれないけど、
それでも、やってだめなのと、やらずにだめだと言ってるのとは全然違いますよね?
しかも、私たち、それにお金を支払っているわけですよ。

もう、プンプンです!

そして、今日は、お店の入り口に飾る笹を買いにいくことになっていました。
オークランドから車で40分くらいのところに竹林があって、
そこで竹や笹を販売しているのです。
行く前に電話をしておこうとおもって、車の中から電話すると、
「あ、今日から金曜まで留守なんだよ。土曜日に来て。でも来る時はまた電話してね」

えー。だって、ウェブサイトの営業時間は土曜定休って書いてあるじゃん。
いきなり計画が頓挫。

仕方なく、明日買いに行こうと思っていたテーブルクロスを買いに、Briscoesへ行きました。
ところが、お目当てのテーブルクロスが1枚しかありません。
そこで、在庫を調べてもらうと、9枚あるらしいことが分かりました。
早速店員さんが倉庫を見に行ってくれたのですが、待てど暮らせど、全然戻ってきません。
挙句の果てに「今日はテーブルクロスの担当の人がお休みだから、どこにおいてあるか分からない」
と言われてしまったのです。
結局、テーブルクロスは1枚だけ買って、あとは、倉庫から見つかったら電話をくれるようにお願いしました。

警察の担当はお休み。
竹林の人もお休み。
テーブルクロスの人もお休み。

今日って一体なんの日なんでしょう。
しかも、担当者が休みだと、その案件はどうしようもなくなっちゃうのもNZらしい。
日本だったら、担当者が休みだって、一応引継ぎって言うか、業務が円滑にまわるようになってますよね。

今日絶対に済ませようと思っていたことが、担当者のお休みのせいで、
何一つ終えることができませんでした。。。

最後に、製氷機と換気扇の修理に来ることになっている人が、
先週の金曜日から、音信不通になっているんですよ。
やばいです。ほんとに。

しかもみんな、なんでもワールドカップのせいにするんですよ。
「ワールドカップだから、仕事が滞っている」
「ワールドカップだから、連絡が取れない」
「ワールドカップだから、今日は午前で仕事終わり」
「ワールドカップだから、人が集まらない」
「ワールドカップだから、材料が手に入りにくい」

などなど。もう聞き飽きました。

TATSUMI も、「ワールドカップだから、OPEN 遅らせてるの」
ってことにしておきましょうか。

今日試作した「豆腐ステーキ」

豆腐ステーキの衣には、風味を出すために鰹節がまぶしてあります。
付け合せは、とうもろこしのかき揚と、ふろふき大根に、和風ピクルスです。
ベジタリアンフードのようですが、鰹節の風味が決め手なので、
残念ながら、だしがダメなベジタリアンの方には召し上がっていただけません。

でも、ベジタリアンの方用には、別の料理をご用意しています。
その名も「Japanese Tofu Flitters」
まあ、日本語で言ったら「がんもどき」なんですけど、
付け合せには、昆布だしで炊いた風呂吹き大根と、シイタケとヒラタケのソテー。
その横に、角切りのローストパンプキンと、フェタチーズ、ビートルートがピラミッドように積まれています。

やっぱり、ニュージーランドは、ベジタリアンが多いので、メニューには必ずベジタリアン用の料理が必要です。

あとは、黒ゴマのブリュレ。
パッションフルーツのシャーベットと、抹茶のショートブレット付です。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA