クライストチャーチからのお客様


10月18日にOPEN したTATSUMI ですが、
OPEN 前日の10月17日に、店で作業をしているとき、電話がなり、予約が1件はいりました。
そのときには、「なんで明日OPEN するの知ってるんだろう?」と不思議に思ったものです。
OPEN の広告は特に出しておらず、10月18日にOPEN するこを知っているのは、
関係者と、TATSUMI のWEBサイトに載せているだけだったのです。

そして、当日、その予約のお客様が30分たってもいらっしゃいません。
「やっぱりなにかの間違えだったのかな」と思ったその時、電話がなりました。
「18時半に予約しているんだけど、場所がわかりません。」
そこで、「まずはブロードウェイに出てもらえますか?」というと、
「ぼくたち、クライストチャーチから来ているんで、道の名前を言われても分かりません」というのです。

「クライストチャーチから?!」それは道の名前を言われてもわかりませんよね。
そこで「まわりに何が見えますか?」と聞いてみるも、
わたしもそれほど詳しくないので、うまく誘導できません。
とりあえず、Broadway に出てもらって、
「モーベンピック」か「Nood」か「Freedom」が見えたらまた連絡をもらえるようにお願いしました。
そして、さらに15分くらいたったところで電話がなり、モーベンピックにたどり着いたとのことで、
クライストチャーチのTATSUMI 時代から働いてくれているマネージャーのMさんに、迎えにいってもらいました。

そして、戻ってくると、なんと、一緒にはいってきたのは、
クライストチャーチ時代の常連さんだったのです!

もともと、オークランドへ旅行に来る予定があったので、
自分たちが滞在している間にTATSUMI が開かないかと、
TATSUMI のウェブサイトを頻繁にチェックしてくれていたのだそうです。
幸い、「明日クライストチャーチへ帰る」という、オークランド最終日にTATSUMI が開いたというわけで、
早速予約をして来て下さいました。

やっぱり、クライストチャーチ時代のお客様がこうやって来てくださるというのは、本当に嬉しいですね。
彼らのお気に入りだったメニューのいくつかはオークランドのメニューからは消えていて、
残念そうではありましたが、でも、またTATSUMI の料理が食べれて嬉しい!といって
最後はお決まりの「抹茶フォンダン」召し上がってお帰りになりました。

そして、次の日、やはり予約で取ってお越しになったお客様が、
「抹茶フォンダンはある?」と言っていらっしゃいました。
なんと、二日連続で、クライストチャーチの常連のお客さまがいらしてくれたのです。
こちらのカップルは、地震のあと、6月にオークランドに引っ越してきたとのことで、
TATSUMI がオークランドに来ると知って、いつOPEN するのか、ウェブサイトでチェックしてくれていたそうです。

クライストチャーチのときよりも、大分店が立派になっているので、
みなさん驚かれますが、それでも、懐かしい料理とまた出会えて喜んでいただけました。
そして、私たちも、懐かしいお客様にまたお越しいただけて、とても嬉しかったです。

もちろん、新しいお客様にお越しいただけるのも嬉しいですが、
クライストチャーチの常連さんが来てくれることは「再OPEN してよかった」と、
心から思える瞬間でもあります。

11月も、クライストチャーチからのお客様の予約がすでに2件はいっており、
みなさんに会えるのがとても楽しみです。
ひとまわり成長したTATSUMI を、ぜひ楽しんでいただきたいと思います。

今日は、地震のあとに、TATSUMI を心配してメールをくれた方々に、
再OPEN のお知らせを送らせていただきました。
オークランドに来る機会があったら、ぜひ立ち寄っていただき、
私たちにパワーを与えていただけたら嬉しいです。
そして、新しいTATSUMI が、クライストチャーチの皆さんにパワーを与えることができたら、なお嬉しいです。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA