昨日のチャイマネタの続きになってしまうのですが、
チャイマで、とっても色のきれいな、みたことのない野菜が売っていたので、買ってみました。

表は緑、裏は紫。
まるで作り物みたいな色です。
その名も「紅菜」

まあとりあえず、おひたしか、からし醤油で和えたものでも作ってみようと思ったのですが、
とりあえず、どんな野菜か分からないので、ネットで探してみました。

「紅菜」で検索してみると、
「紅菜苔」という野菜がひっかかります。
菜の花のような花をつけるアブラナ科の中国野菜で、
黄色い花、緑の葉、赤紫の茎を持つ。と書いてあります。
名前は似ているし、赤紫なのは、茎じゃなくて、葉の裏側。
写真を見ると、紅菜苔の葉っぱは両面緑色。
ちょっと「つるむらさき」みたいな感じ。
私の買ったものには、菜の花みたいな黄色い花もついてないし、
なんか違う。。。?

そして、更に探していくと、
今度は「オータムポエム」という野菜がでてきました。
名前は「紅菜」から離れましたが、
「紅菜苔」と「菜心」のかけあわせで作られた野菜で、
茎の食感がアスパラに似ているため、「アスパラ菜」とも言われる。。。
って、全然違う!

もう、「紅菜苔」の仲間だと理解して終わらせてしまうか、
それとも、今目の前にある、葉の表は緑、裏は紫の、この「紅菜」に行き当たるまでとことん探すか、
どうしようかと思っていたところ、それらしき写真を発見!

でも、名前が、、、
その名も「金時草」

全然違う!!!

でも、「金時草」で検索したところ、
出てくる出てくる、完全に「日本の野菜」じゃないですか!

「金時草」(きんじそう)
金沢産の加賀野菜。
茎は紫褐色。
葉の表面は緑色、裏面があざやかな赤紫色の葉。
ゆでるとモロヘイヤのようなぬめりがでる。
ゆでて酢の物にして食べるのが一般的だが、てんぷらにしてもおいしい。
最近では金時草のあざやかな色を、お菓子に使うなど新しい利用法も登場している。
*加賀野菜を紹介するHPより。

説明を読んでも、写真を見ても、これに違いない!

さらに調べを進めてみると、
中国では「紅菜」
台湾では「紅鳳菜」
というらしい。

まさしく、この「紅菜」でした。

あー、危なかった。危うく「紅菜苔」の一種だと勘違いして終わるところでした。
ちなみに、紅菜苔はアブラナ科ですが、この紅菜はキク科だそうです。
名前が似ているだけで、属しているところも違うじゃないですか。

さて、「紅菜苔」は、豚肉といためたり、おひたしにするのが一般的らしいのですが、
この「金時草」は、酢の物にするのが一般的とのこと。
からし醤油和えを作りたかったのですが、とりあえずは、最も一般的な酢の物をつくってみることにしました。

まず、茹でる。
「沸騰したお湯で30秒~1分」
と書いてあるにもかかわらず、その見たこともない茹で汁に驚いている間に1分30秒経過。
おおお。茹ですぎた!
だって、こんな色なんですよ。

これが天然色素だなんて。

さらに、茹でた金時草を取り出し、水にさらしている間に、
またもや色が変わりました!

どうみても「Caution!」と書いてある容器にはいってそうな色合いです。

茹で上がった金時草はこんな感じで、もはや色鮮やかではなくなってしまいます。

でも、でもですよ!
このあと、摩訶不思議。

「おひたし」にしたら、皿にたまる汁は「紫」
つまり、時間がたったほうの茹で汁と同じ色。

ところが、「酢の物」にしたら、なんと!更にたまる汁は「ピンク」になるのです!
なんでも、酢に反応して、色が変わるんだとか。

まるで、リトマス試験紙のような野菜じゃありませんか。

この衝撃の瞬間を写真に撮り忘れた私を、どうかお許しください。

さて、お味の方はというと、、、、
この懐かしい粘り。まるでモロヘイヤ。
「粘りのある野菜」って、NZだとオクラが手に入りますが、
なんだか、こういう「家庭の味」みたいな野菜に出会えて、とっても幸せです。
ちなみに、「生姜」がよく合うということで、
酢の物には、刻み生姜を入れて一緒にいただきましたが、
本当に生姜と良く合い、おいしかったです。

火を通すと、きれいな色ではなくなってしまいますが、
この茹で汁の色を生かして、なんか色のきれいな料理が作れないか。。。と思案中。
ちなみに、この色は「アントシアニン」という成分で、
赤ワインとか、ベリー類とか、黒ゴマとかに含まれている、
抗酸化物質であるポリフェノールの一種だそうです。

赤い色のもととなっている「アントシアニン」
粘りのもととなっている「ムチン」
のほかにも、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、カリウム、鉄分が豊富に含まれているそうです!

この金時草は、「加賀野菜」として日本では広く知られているようですが、
私が東京に住んでいた時には、見たことがありませんでした。
まさかニュージーランドで、加賀野菜が簡単に手に入るとは、なんと嬉しいことでしょう。
チャイマで売られていたら中国野菜かもしれませんが、
「粘る野菜」が好きな人は、ぜひお試しあれ。
ちなみに、一束$1.5でした。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA