保険屋との交渉 ③


去年の地震による保険会社との交渉がまだ続いています。
現在支払われたのは、
① 地震の日から、オークランドのTATSUMI をOPENするまでの営業保障。
② 地震によってダメになった備品や食材などの保障。
です。

で、今、なにを交渉しているかというと、
クライストチャーチの巽の店舗に対する保障です。

例えば、クライストチャーチの巽が取り壊しになるのであれば、
あの場所で巽を営業するのにかかった費用全額が保障されます。
でも、クライストチャーチの巽は、今でも無事に建っていますので、
地震の被害にあった巽を、元の営業できる状態に戻すのにかかる費用というのが保障されます。

実際、建物は立入り禁止エリアのままですので、
誰もちゃんと、どこがどれだけ被害を受けているのか確認していません。
また、保険屋さんが6月に一度建物にはいっていますが、
それからさらに10ヶ月近く放置された建物は、さらに被害や傷みが進行していることが考えられます。

保険屋さんの提示額が、適正なのかどうか、私たちには分かりません。
そこで、交渉にあたってくれている会計士さんが、
「元の営業できる巽に戻す費用が保障されるのだから、
新しくオークランドのTATSUMI をオープンするのかかった費用を提示しましょう」
と提案してくれました。
でも、その金額は、保険屋さんの提示金額のほぼ2倍。
保険屋さんは、もちろん「NO」でした。

さて、ではここからどうするか。

保険屋さんの言い分。
・あくまでも、クライストチャーチの巽を補修する費用を保障するのであり、
オークランドのTATSUMI を作るのにかかった費用は関係ない。
・もし、金額が気に入らないのなら、見積もりの大工を現場に送り込むことも出来るが、
その金額が、保険屋の提示額より低くても、高くても、大工の見積もりの金額となる
・建物が無事なので、補修箇所は絨毯と壁のペンキくらいだと思われる。
それだけなら、大工の見積もりは、保険屋の提示額より低くなる可能性が高いので、この金額を受け入れるべき

私たちは、けっこう気弱なので、「大工の見積もりをいれたら、もっと金額が安くなる可能性が高い」
という部分が、とてもひっかかり、だったら、保険屋の言い値でもいいのでは?と思い始めていました。
なので、ここは欲張らずに、確実に頂ける金額だけ頂こうという結論を出し、
その旨会計士さんに伝えました。

すると、会計士さんも、ちょうど私たちに連絡を取ろうと思っていたところで、
クライストチャーチの巽の大家さんと昨日話をした結果、
もう一度保険屋さんと交渉してみてもいいのではないかと考えている。
とのことでした。

会計士の意見
・保険屋が、自分の言い値でOKならすぐにでも支払うと言っている以上、
保険屋も、実際はもっとお金がかかることを想定しているのだろう
・地震から一年以上も放置され、しかも水浸しになった店舗が、
絨毯と壁のペンキの塗り替えだけで再営業できるとは考えにくい
・電気系統、ガス管、水道管がダメージを受けている可能性があり、
もしこれらを全部やり直すとなると、相当お金がかかるはず
・最近建物に入ったビルオーナーと話したが、店を再開できるまでに修復するには、
保険屋の提示額では、到底足りない。と言っていた。

会計士さんは、保険屋の提示額と、うちの提示額のちょうど真ん中くらいの金額で、
もう一度交渉をしてみると言っています。
実際に最近の巽を見ているビルオーナーが「保険屋の提示額では足りない」と言っているのは、強い味方です。

最近やっと、なんとかTATSUMI の売上だけで、各種支払いができるようになってきましたので、
「保険金に頼らなくても大丈夫」という、気持ち的な余裕が少しは出てきました。
でも、ここオークランドでTATSUMI をオープンするためにかかった費用は莫大で、
もともと会社の口座にあったお金も、2人の個人的貯金もすべて使い果たし、
更には、最後の砦であった定期預金も解約し、まさに有り金全部つぎこんだ状態で、
運転資金すら手元に残っていないと言う、本当に綱渡りでのOPEN でした。
ですので、運転資金が、毎日の売上でなんとかなるようになったとはいえ、
TATSUMI をOPENするのに費やした費用は、少しでも多く回収したいと思っています。

もちろん、保険に入っていない人も多い中、
私たちは勧められるがままに保険に加入していて、本当にラッキーだったと思っています。
TATSUMI にいらっしゃるお客様にも「保険は入っていたの?」とよく聞かれます。
お店の保険もそうだし、健康保険もそうだし、海外旅行保険もそうだけど、
使うかどうか分からないものに払うお金って、ちょっと躊躇するものです。
誰も、あんな大地震が来るなんて、予測してなかったわけだし。

今、保険に入っていて、本当によかったと心から思います。
保険に入ってなかったら、オークランドで、ゼロからスタートする勇気もわかなかったでしょう。
でも、こんなに受け取りが長引くとも思っていませんでした。
まだしばらく交渉は続きそうですが、保険屋さんも、今まで割りときちんと請求額を支払ってくれていますので、
最後は信頼して、うまく交渉がまとまればいいな。と思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ ニュージーランド情報へ
にほんブログ村
↑↑↑
ブログランキング参加しています!
良かったらクリックでの応援、よろしくお願いします!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA